最高の笑顔

3月18日 瀬藤万里絵

何度も見返したくなってしまう作品というのがありますが、
私にとってはチャールズ・チャップリンの作品もその一つ。

モノクロで無声であるのに、人の心情や世界観が色鮮やかに感じられるようです。
全部網羅しきれているわけではありませんが、特に好きなのは「街の灯」

面白おかしいのに、時に皮肉で、そして切なくて、
人生で一度でいいから、あんな作品が作れたら…と、永遠の憧れです。

彼のすごいところは、コミカルな動きや表情、演技の完璧さはもちろんのこと、
自身の作品の監督や音楽まで手がけ、気に入らなければ何度でもやり直すという、
その情熱とこだわりです。

ラストのチャップリンのあの笑顔は、世界屈指の素敵なカット。

a609a2a3a412a8fa15e9388748c02c20.jpg
プロフィール

GEOGRAPHICA

Author:GEOGRAPHICA
目黒通りのアンティークショップ・ジェオグラフィカの
スタッフによるBLOGです。

ジェオグラフィカ・ホームページはこちら
http://www.geographica.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク