横浜市歌


1月30日 萩谷優

僕以外の家族は横浜市内の学校・職場のため市歌を歌う機会がままあるそうで、
つい先日、夕飯の際に「どんな歌詞だっけ?」という話になりました。
僕は歌う機会もないのでちょっと疎外感がありましたが、良い歌ですね。
1907年から採用されているそうです。


わが日の本は島國よ 朝日輝ふ海に

連り峙つ島々なれば あらゆる國より舟こそ通へ

されば港の数多かれど 此横濱に優るあらめや

むかし思へば苫屋の烟 ちらりほらりと立てりし處

今は百舟百千舟 泊る處ぞ見よや

果なく榮えて行くらん御代を 飾る寶も入り來る港

プロフィール

GEOGRAPHICA

Author:GEOGRAPHICA
目黒通りのアンティークショップ・ジェオグラフィカの
スタッフによるBLOGです。

ジェオグラフィカ・ホームページはこちら
http://www.geographica.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク