夏の終わり

8月31日 須田涼子

今日で8月が終わり。
早く涼しくならないかなぁ思っていましたが、
夏の終わりはやっぱり寂しいですね。

今年の夏はいつもより沢山遊びに行き、
久し振りに汗をかいた気がします。

明日から9月、新学期ですね。
学校を卒業して随分経つのに、新学期の時期にそわそわするのは、
なんでしょう。

2017natsu1
2017natsu2
2017natsu3

海の幸

8月30日 前川結

先日のお休みは福岡へ。
去年長崎へ行った際にとても美味しかった、
おこぜがずっと忘れられなかったのですが、
福岡の寿司屋にて念願叶って食せました。

20170830_01.jpg

お刺身、唐揚げ、お味噌汁どれも美味しかったです。

その他、海の幸を堪能。

20170830_03.jpg 20170830_02.jpg

お土産に頂いた贅沢な卵焼き。
食べきれないのではという量だったのですが、おいしく頂きました。
20170830_04.jpg

射手座とティーポット

8月29日 重本景子

8月もあと少し。
今年の夏は天気が不安定で星空があまりよく見えません。
夏は蠍座、射手座を見たいのですが、雲が多い日が続いています。
どちらも好きな星座なので、しっかりと見られるときに見ておきたいです。

射手座には南斗六星という並びがあるのですが、
ひしゃくの形をしていて、西洋ではミルクディッパーと呼ぶそうです。
そしてその近くの星との結び方を変えてみると、なんとティーポットになります。
さらに、まるでポットから湯気が出ている様に天の川につながります。
大空で楽しいティータイムの様。
その土地の文化に根ざしたものに見立てるところが面白いです。

blg17itz829.jpg

AB

ebi_aka.png


8月28日 萩谷優

私はベトナムには行っておりませんがエビには日頃から親しんでおります。
メダカ水槽のコケ取り要員にと投入したミナミヌマエビが大量に繁殖しているのです。
購入時ペットショップのお兄さんに「ミナミは増えますよ〜」と言われてはいましたが、
まさかこんなに増えるとは、嬉しいやら気持ち悪いやら複雑です。

想定内?外!?

8月27日 岡田明美

夏休みをいただき、『プチ弾丸ベトナムツアー』してきました。
訪れたのはホーチミンシティー。
経済発展を遂げているベトナムの中でも一際賑やかな観光地、
夏休みということもあり、日本人も欧米人も大挙して押し寄せておりました。

まぁいつも通りブレない「食い倒れ」の旅でございましたが、、、
今回の私の失態は、帰国翌日に「健康診断」を入れていたこと。

はい、結果は言わずもがな。
オカダ史上最高重量を叩き出して参りました!

旅の想ひ出は記憶に残しても、重量オーバーは公式記録に残しちゃいけないのです!!

IMG_5876.jpgIMG_5868.jpgIMG_5866.jpg
IMG_5831.jpgIMG_5821.jpg
IMG_5731.jpgIMG_5679.jpg
IMG_5676.jpgIMG_5906.jpg
IMG_5890.jpgIMG_56561.jpg
IMG_56601.jpg

ホーチミンシティーはフランスの植民地時代のコロニアル様式とアジアの街並、
そして現代的な高層ビル群が渾然一体となった不思議な場所でした。

久々にモーニング

8月26日 瀬藤万里絵

厚切りのトーストとたっぷりなコーヒーが恋しくなって、
休日の始まりを久々に喫茶店のモーニングで迎えてみました。



やっぱり朝の空気とモーニングって幸せだな😊✨
モーニングといえば!な名脇役ゆでタマゴ。
綺麗に殻が剥けたら、なんだかもっといいことありそう。

商品紹介!

入荷の度に、今回はこんなのがきたぞー!と心が躍りますが、
その中でも私、スタッフSが個人的にその存在感にグッときたものを一部ご紹介します。

まずはこちら。
堂々たる風格の、オークのミラーバックサイドボードです。
彫刻が素晴らしく、いろんな種類の意匠が混在しながらも、
見事に調和しているそのバランスには脱帽せざるを得ません。

20170811154442_1_703-S-0112_IMG_2853-2.jpg

詳細は→こちら


次にこちら。
丸みのある可愛らしいハーフカップの脚部や
ユニークな曲線のストレッチャーが印象的なマホガニーのコーヒーテーブル。
装飾は決して多くはありませんが、個性的なシルエットが魅力です。
お部屋のワンポイントに、ぜひともオススメしたい一台です。

20170824201810_1_612-P-0183_IMG_3651-2.jpg

詳細は→こちら


続きましてこちら。
サイズは小ぶりながらも、お部屋のアクセントとなるに間違いなしの存在感!
マホガニーの艶やかな深い赤茶色に、滑らかな質感。
そしてヴィクトリアンらしい優美な曲線と上品なモチーフによるホールチェアーです。

20170810202032_2_704-T-0180_IMG_2538-2.jpg

詳細は→こちら


そして最後にこちら。
何と言っても目を引くのが彫刻豊かなブルボースレッグ。
オークの木目も美しく、個人的には台座のサイドにあるダイヤ型の装飾が
さりげないアクセントになっているのが一押しポイントです。
幕板のモールディングも存在感に一役買っています。
大きさもたっぷりあるので、余裕を持ってお使い頂けます。

20170824133235_1_603-G-0362_IMG_3499-2.jpg

詳細は→こちら


その他にも素敵な家具が続々入荷しております。
目黒の店頭へのお越しはもちろんのこと、
リニューアルしたオンラインショップも是非ご活用ください。

ある公爵夫人のテーブル

8月25日 土田麦菜

アンティーク家具には不思議な名前が付いているものもあり、
それを紐解いていくのも楽しみの一つですね。
不思議名前シリーズの初回(不定期開催)は、サザーランドテーブルを。

サザーランドテーブルとはヴィクトリアン期に生まれた、こちらのテーブルの名称。
IMG_7536.jpg

ドロップリーフテーブルと原理は同じく、両脇に垂れ下がった天板を持ち上げ、
補助の脚を開閉して天板を支える構造です。
このような構造の折りたたみ式テーブルそのものは16世紀後半にすでに登場しておりますが、
甲板部分の幅が極めて狭く、拡張板が広いことがサザーランドテーブルの大きな特徴です。
IMG_7533.jpg IMG_7532.jpg

サザーランドテーブルのサザーランドとは、ヴィクトリア女王の女官長であり友人でもあった、
ハリエット・サザーランド公爵夫人のために作られたテーブルであることがその名の由来です。
サザーランド公爵夫人は、ヴィクトリア女王の身の回りのお世話から相談役までこなす、
今で言う秘書のような立ち位置で、女王も絶大な信頼を寄せており、
そして「寝室女官事件」の渦中にいた人物でもあります。(詳しくはWikipediaへドーゾ)
Portraits_of_herMajestyQueenVictorica_and_theDuchess_ofSutherland.png
(ヴィクトリア女王とサザーランド公爵夫人)

そんな歴史に名を残す女性の名前が付けられたテーブルというわけで、
マホガニー材のエレガントな雰囲気のものが多い中、
こちらのサザーランドテーブルはオーク材を使用した重厚感のあるデザイン。
広げればダイニングとしてもお使いいただけそうです。

閉じた状態の幅はなんと21センチメートルまで縮まります。
IMG_7535.jpg

収納時は折りたたみ、片面開きで壁に寄せたり、
広げればダイニングサイズ。
と、使い方楽しみ方いろいろ〜なサザーランドテーブルでした。

ご紹介したサザーランドテーブルの詳細はこちらから!

そろそろサザーランドがゲシュタルト崩壊をおこして、
ジャック・バウアーが暴れだしそうなのでこの辺で。


そり

8月25日 石井康介

今回はブックシェルフの修理の一コマをご紹介します。
こちらの棚板ですが、かなり反っており下に垂れてしまっています。

度合によっては完全に作り変えるケースもありますが、基本はオリジナルを活かしたいところです。
t1

ではまず反ってしまった棚板を半分に割り、片方をひっくり返します。
t3

接着し直す際にお互いを反発させる事でそりを矯正する事が出来るのです。
t4

乾燥時間をしっかりとって。。
t5

はい。まっすぐになりました。
t6


Desktop Leather

8月24日 須田涼子

desktop leather !

desktopleather223

注文していたデスクトップレザーが到着しました!

ビューローやライティングデスクは、天板にレザーが張ってある事が多いのですが、
破れていたりインク染みがついていたりと、張り替えが必要な場合もあり、
ジェオグラフィカでは英国のレザー屋さんに注文し作ってもらっています。

しかしそこはアンティーク、単純に縦横のサイズ指定で製作できるものばかりでは無く、
変形のデスクトップも多いので、そのような場合はファクトリースタッフに型紙を製作してもらい、
それを英国に送ります。

レザー表面に施すToolingと呼ばれる金彩はオリジナルを参考に、
金彩無しのエンボス(型押し)や二重の金彩などなど、
デスクやビューローのデザインや様式に合わせ指定しています。
デスクトップレザーはあくまで脇役、主役はデスクやビューロー本体ですが、
やはりTooling付きの本革で張り替えると雰囲気が良くなるので、毎回仕上がりが楽しみです。

これからこのレザーは港北ファクトリーへ向かい、
一点一点ファクトリースタッフが張り替えていきますが、
これがなかなか時間と手間の掛かる作業のようで。。。
あと数週間ほどで、綺麗になったデスクやビューローが目黒店に続々と入荷する予定ですので、
楽しみにお待ちください!

塗面を活かしてイカした修復塗装 ~そのニ~

8月24日 佐藤大文

改めまして、塗装の佐藤です。
皆様、今年の夏季休暇はいかがお過ごしでしたでしょうか。
まだ夏が終わってない方、これから夏を満喫される方、いらっしゃると思います。
私の夏は雨風と共に気づかぬうちに流れていきました。お金も流れていきました。後悔と若さの抜け殻が残りました。
もう8月も今週を残してあと五日ですね…。そろそろ雪が降りそうですね!!!

さて、先月の続きです。覚えておいででしょうか。そう、塗装の修復塗装その続編で御座います。
ちょっと長くなりそうですが、流し目でご覧くださいませ。

IMG_4092_20170724232916521.jpg
IMG_4093_201707242329176fe.jpg左の画像。これはオリジナルの状態ですが、入荷時の梱包材が塗装面と熱で癒着して跡がついています。これを除けば良好なコンディションと判断されるアイテムがいくつもあります。

以前は全て剥離再塗装をしておりましたが近年ではオリジナルの風合いを活かした塗装を可能な限り行っております。今回はまさにうってつけのコンディションのバタフライテーブルを題材にしましょう。

今回の凹凸は非常に浅く、アルコールの試し拭きをしたところ落ち方が強かったのでメンテナンス剤を使う事にしました。前回紹介したこの白いボトルの液体。メンテナンス用の軽いリムーバー(剥離溶剤)です。液体クレンザーに近いかもしれません。メンテナンス剤は成分の全貌は不明ですが、独特な臭気を放つ白乳色の溶剤で中に微粒子の研磨剤が配合されており、それを布に含ませ塗装面を拭き取って乾燥後、ニスを新たに再塗装するという使い方をするものだそうです。

跡がついた塗装面は実は単純に言えば極小の凹凸がついている状態といえます。つまり凹凸の凸を凹の深さまで削る、または剥離をすれば均等に光が反射し、平面に見えるわけですね。というわけで、二枚目の道具ペアで作業に入ります。

解説は簡単です。単純にグラスウールにリムーバーを含ませ全体に馴染ませる様に円を描きながらこすって、全体をウェース(布)でふき取ります。それを何度も繰り返して塗装面の跡がある程度目立たなくなったら少し天板を乾燥させます。

20分くらい待てば十分でしょう。噂のケンマロンで天板を一定の力量と動作で削って溶かした天板面を慣らしてあげます。これによってまた塗装面を均一に乗せることができるわけですね。

つまり、このワンセットを作業するのです。
1…※溶剤で天板をこする→ふき取る→※に戻る ~~痕が取れたら2へ進む。
2…天板の乾燥→ケンマロンで削る→粉をふき取る→塗装する→乾燥を待つ
<3…乾燥後、塗装面が落ち着いてくるとニスは沈んで塗りたての時より厚さが変わります。その時、うっすらと消えきっていない痕が見える場合がありますので、その場合は 2 に戻って作業をリピートします。油断はいけないのです。>  

さて、その作業を終えるとこうなります。これで元の質感を保ったまま塗装が成功しました。良かったですね。

IMG_4108.jpgIMG_4095_20170724232919f5f.jpg

オマケです。これはプランツスタンドですが、雨のシミかとは思いますが表面が荒れています。これも全く同じケースなので同じように作業するとこんなに綺麗になります。アイテムによってはオリジナルの塗装面の方が経年によって定着と馴染みが良く、剥がして再塗装するより強度があったりします。その見極めも経験の数が教えてくれます。一朝一夕ではわかるようでわからない事がたくさんあるのが塗装なのです。

IMG_4097_20170724232922990.jpgIMG_4100_2017072423291374e.jpg

長々とひたすら解説をして参りましたがいかがでしたでしょうか。眼精疲労にはブドウを皮ごと食べるといいらしいです。
巨峰はダメです。おなかを壊します。小さい粒のブドウです。今が旬です。オイシイです。
ポリフェノ~ルを摂りましょう。そしてまた当ブログを宜しく御願い致します。

海に行かない。肌を焼かない。山に登らない。祭りに行かない。花火を見ない。夏にときめかない。半ズボンが一枚もない。
そんな佐藤の夏は今年も終わりました。来世の夏に期待したいと思います。
皆様、季節の節目にはご用心くださいませ。

それではまた。

外せない

8月23日 前川結

先週から今週に掛けては、とても注目の展示がありました。

金子國義展

今回は未完の作品展示も多かったです。
生前の面影を感じることができる貴重な作品の数々はどれも撮影OKとのことでした。

20170822_kuniyoshi01.jpg

20170822_kuniyoshi02.jpg 20170822_kuniyoshi03.jpg

20170822_kuniyoshi04.jpg  20170822_kuniyoshi05.jpg

アトリエの隅に転がっていたものを、
広げてみたらこんなに素敵な作品だったとか!
とても大きいのですが、レストラン等にあっても格好良いでしょうね。
20170822_kuniyoshi06.jpg


もうひとつ、こちらも外せない展示でしたが。

Lhiannan:Shee Exhibition "WASURENAGUNI"

ジェオグラフィカでもフェアの際に作品をお取り扱いさせていただいています、
Lhiannan:Sheeさんの個展。
こちら楽しみにしていたのですが、
行く予定にしていた日が急遽お店のお休みとなってしまい断念。

次回、作品を見られる機会に期待しています!

聴竹居

8月22日 重本景子

先日テレビで”聴竹居”という住宅を観ました。
ついこの間、重要文化財になった建築家・藤井厚二の京都の自邸です。

”日本の気候風土にあった、日本人の身体に適した住宅”の実践。
ということで、自然を活かしたたくさんの仕掛けによる快適な住まいは
エアコンを使わなくても夏は涼しく冬は暖かいなど環境に適合したお家。
計算し尽くされた風の通り道や日照など、面白かったです。
他にも居室(リビング)を中心につながる間取りなど
住み手が居心地よく過ごしたであろうことが垣間見える造りがほっとします。
現代は何でも便利な機械に頼りがちですが、自然を活かし共存しているところが
やっぱりいいなと思いました。

特に気に入ったのは広めの縁側で、角に柱を作らず開口部が大きくずらっと整然としています。
お嬢さんも毎日学校から帰るとここで過ごすことが多かったとのこと。
一日中いれそうな居心地良さを感じます!いいですね。
ctk082017.jpg ctko2208.jpg

ctk20082017.jpg
聴竹居HPより

ダイエット その後



8月21日 萩谷優

このエントリーでダイエットを宣言してから2ヶ月半あまり、
おかげさまで緩やかながらも体重は2キロほど減り、
体を動かすのも億劫でなくなりつつあります。

今回は食事制限というよりも、体を動かす方に注力しています。
食べたい、飲みたいを我慢するストレスもなくいい感じなので、
無理のないペースで続けていこうと思います。がんばるぞ。

東京の天空

8月20日 岡田明美

猛暑になると言われた今夏。
雨続きの天候にちょっと興ざめ、青空カモン!と夏は苦手ながらも呟いてしまいます・・・

都心に住む友人宅で集まりがあり、久しぶりに高いところに上がってきました。
暮れなずむ赤坂の空!この日も生憎のお天気で雲は厚く、
晴れていれば富士山も望めるビューなのに〜残念!

それでも高いところ好きなので、夕日など見ながら
ウーロン茶(!!!)を戴きつつ浸ってまいりました。

天空、上等!

IMG_5592.jpg

IMG_5593.jpg

メルヘン

8月19日 瀬藤万里絵

この歳でお恥ずかしですが、友人とシナモロールカフェに行ってきました。

お店の外観も内装もとてもメルヘン!!



メニューもすごく可愛かったです!

爆音図書館

8月18日 土田麦菜

調べ物があり、先日何年かぶりに図書館へ行きました。
場所は日比谷公園にある、わりと大きな施設。
日比谷といえば公会堂。
その日も野外ライブが行われていて、静かな館内ではあるのですが、
外から爆音で音楽が聞こえる矛盾した空間になっておりました。

帰り道に、公会堂の裏面、市政会館を眺めて帰宅。
80年前に建てられたゴシック調のロマンの塊を激写しようと試みましたが、
私のカメラセンスでは、その威容を収めきれず頭がちょん切れてしまう結果に。無念。

喫茶店

8月17日 須田涼子

他のスタッフ同様、私もいわゆる"喫茶店"が好きでよく行きます。

古くから営業されているお店は、年月を経てしか得られない独特の空気があって特に好きです。
スプリングがゆるゆるの椅子も、長く使われてきたテーブルも、
長い間そこにあって色々な人や時代を見てきたかと思うと感慨深い。
ただ単純に古くなっていくのでは無く、
アンティーク家具と同じ様に、人に触れながら、
静かにゆっくりとあじわいを纏ってきた感じは、良いなぁと思います。

KISSATEN1

KISSATEN2

ビール作り

8月16日 前川結

ワイン工場、ウイスキー工場へも行ったことがありますが、
今度はビール工場へ。
自分好みのレシピでビール作りの体験ができるということで
フクロウのマークで有名な常陸野ビールの、
茨城の工房まで行ってきました。

20170816beer02.jpg

レシピだけでなく、それぞれの工程における細々とした作業も自分で行います。
割と重労働です。

20170816beer03.jpg

20170816beer04.jpg 20170816beer05.jpg

あまりビールに対してのこだわりはありませんが、
ついつい引かれがちな『英国』『伝統』というワードで説明された、
ケントゴールディングというフィニッシングホップを香り付けのメインで入れてみました。

こちら途中経過。
麦芽が糖化され、とても甘いです。

20170816beer06.jpg 20170816beer07.jpg

古い酒蔵を活かした情緒深い建物での作業、
各工程の合間の待ち時間には、
ビールを始め日本酒や梅酒を頂ける、同じく雰囲気の良いカウンターもあり。

生まれ年を見つけてついつい一杯。日本酒の古酒は初めてでした。
20170816beer01.jpg 20170816beer08.jpg

その後、酵母の添加、熟成、ボトリングを終えたものが届くようなので、
心待ちにしています。

涼し気

8月15日 重本景子

暑い暑い毎日の中、涼しそうと感じるものはやはりガラスもの。
アンティークガラスが涼しそうにきらきらしているのを
チラっと見ると癒されます。
アンティーク家具の扉には様々な色ガラスがはめ込まれているものもあるので、
そのような家具が日々の生活にあると楽しいだろうな〜と思います。
見た目にも良く実用的な家具、頼もしいです。

aiiglIMG_7467.jpg

YOUNG MAN



8月14日 萩谷優

我が家には今年受験生のヤングマンが一人おります。
部活も引退したこの夏休み、先日は友人たちとディズニーランドへ行ったとか
皆でおそろいの服を着て早朝から夜遅くまで遊び倒して来た様子。
やはりミドルエイジとは体力と回復力が違います。若いって素敵。

ナツは向日葵

8月13日 岡田明美

先日、お得意先の方からお店にお花をいただきました。
花瓶が足らない(!!)不測の事態に、お裾分けいただきました!

スダさんが可愛くブーケにしてくれたお花を持って帰宅、
早速飾りました。
IMG_5587.jpg

普段はフェイクグリーンのみ、お花など飾ってません・・・
やはり生花はイイですね。
しかし、ほぼ留守宅、連日気温30度超え。
向日葵たちには過酷な環境だったようです・・・

短い時間でしたが和みました。

砂肝エフェクト

8月12日 瀬藤万里絵

どうも夏の暑さにやられ、最近元気が出ない…
これはいわゆる夏バテというやつなのでは?と、
精のつくものを食べようと決意。

みんなの味方クックパッドも有能ですが、
たまたま見ていた某3分クッキングにより、
この度の食材は砂肝、鶏モモ、そしてオクラに決定。

作ってみました。じゃん!

Image-ss0812

ザーサイと生姜が入っているので、味に深みがありつつしつこくなくて、
ほかほかご飯との組み合わせはもう、相性抜群。箸が止まりません!
予想以上の美味しさに、白米がみるみるうちに口の中に押し込まれます。

写真では猫をかぶってお皿に盛り付けていますが、
実際はどんぶりに白米こんもり敷き込んで
その上にどかーん!と乗せて食したなど。
我ながら恥じ入るばかりの所業。女子力とは何か。

食材としてはどちらも揃ってあまりパッとしたイメージはありませんが、
実は砂肝もオクラも免疫力を高める効果があるので、夏バテにはもってこいです!

商品紹介!

今週の新入荷商品からおすすめをピックアップ

まずはこちら
705-U-107 コーナーカップボード¥149,040-
サイズ:幅690mm 奥行き390mm 高さ1830mm
1960年代 英国 オーク材

人気のコーナータイプ、明るい色目は珍しいですね。



IMG_2761.jpg

IMG_2765.jpg

IMG_2767.jpg

IMG_2764.jpg

IMG_2763.jpg


続いてこちら
703-S-110 ビューロー¥216,000-
サイズ:幅670mm 奥行き460mm 高さ990mm
1960年代 英国 ウォールナット材

こちらも明るめなウォールナットのビューロー
こぶりなサイズはとても人気があります。

IMG_2683.jpg

IMG_2684.jpg

IMG_2685.jpg

IMG_2688.jpg

IMG_2694.jpg



詳細はオンラインショップでご覧いただけます。

コーナーカップボード 705-U-107

ビューロー 703-S-110

目に涼しい

8月11日 土田麦菜

ジェオグラフィカから「涼」をお届け!
IMG_7431.jpg

冬の定番スノードームですが、こういった季節にチラチラ舞う雪を眺めていると、
なんだか気分的に涼しくなってくる気がします。

今日は比較的過ごしやすいですが、連日うだるような暑さが続いていますね。
日本の四季は美しいもの。
しかし暑いものは暑い!この陽気に対してついタラタラと文句をたれてしまいます。

スタミナのつくものを食べて、この暑い熱い夏を乗り越えましょう〜



谷根千

8月9日 須田涼子

ゆるーく谷根千散策をしました。
東京の西側出身の私にとって、下町は新鮮で見るもの全部楽しい。

有名な喫茶店や根津神社など定番の場所は抑えつつ、
最後はもんじゃで締め。
もんじゃ焼2回目の友人が美味しいと気に入ってくれて、
嬉しく楽しい一日でした。

暑い日、出掛けるのは中々勇気が要りますが、
今年初のカキ氷も食べて良い一日でした。
忘れてはいけない、猫のしっぽドーナツも買いました!

Yanesen1
Yanesen2
Yanesen3

OKINAWA

8月9日 前川結

偶然にも重本さんと話題が被りましたが、
私は弾丸沖縄旅行へ行ってきました。

今回はノロノロ台風が進路を紆余曲折させながら日本列島近辺を停滞しており、
行きも帰りも進路によっては飛行機が欠航している状況にハラハラしましたが、
何とか間をくぐり抜けて予定通りの便で無事行き来できました。

飛行機から見た富士山がなかなか綺麗でした。
20170809okinawa04.jpg

着くと天気はやはり雲っていて風が強く波も高かったですが、
沖縄は初だったので本領発揮とはいかなくとも綺麗な海を楽しめました。

20170809okinawa03.jpg


20170809okinawa02.jpg 20170809okinawa01.jpg

途中何度かゲリラ豪雨に見舞われましたが、
一番の予定は何とかクリアできたので良し。
沖縄料理もとても美味しかったです。

マンゴー

8月8日 重本景子

沖縄のマンゴーを頂きました!
マンゴーが大好きなので、このサプライズは嬉しくして仕方ありません。
トロピカルフルーツは甘いものがいっぱい。
自然の甘みとジューシーさがたまらないのです。
毎日じりじり暑いな〜と思っていたところに
素敵な夏と沖縄を感じることが出来ました!

mngsaDSC_1214.jpg

BAD FEELIN'

IMG_4039 (1)

8月7日 萩谷優

夏はメダカが卵を産みます。
成魚と卵、また稚魚を一緒にしておくと食べられてしまうので、
頃合いを見て別の水槽に移してやらねばなりません。

今年は産卵用にホテイアオイを使ってみたところ
今までにないくらい沢山稚魚が産まれました。
高密度の根が水中でふわりと拡がって卵を産み付けるのに丁度良いのでしょう。
それはもう、びっくりするくらい、うじゃうじゃと小さいメダカが泳ぎ回っています。

小さいメダカは可愛いですけど、多すぎるとちょっとアレですね。
BAD FEELINGと言ったところでしょうか、ホテイだけに。

8月6日 岡田明美

先日「なんちゃって富士登山」をした帰りには
フルーツ王国・山梨の果樹園で「桃食べ放題」もしてきました。

しかし、、、不覚にもランチを食べ過ぎた私は1個を食べたところでギブ。
(友人は3個は食べていた)
残念至極ですが、果樹園からのお土産で好きな桃をその場で3個捥いで良いと〜〜
早速捥いで、持ち帰りました。

IMG_5585.jpg
ワタクシに選ばれたモモさんの一つ。
(もちろん、既に完食してマーーース)

専門用語

8月5日 瀬藤万里絵

先日、高校来の親友と横浜で遊んだ折、
またこの話題になりました。

「あれ、ここってこんなだったっけ?通路なくなってる?」

いつもどこかしら工事をしており、行くたびに何かが変わっている…
破壊と創造の繰り返しという概念を身近に体現しつつも
ひとかけらも浪漫を感じさせない稀有な場所、横浜駅。

横浜在住の民ですら、終わりの見えない変化の連続に
日常的に戸惑っているレベルです。

その昔、我々がまだ高校生だった頃には、
横浜駅の待ち合わせ場所といえば専ら「シァル中」と決まっていました。
母校特有の用語で、他の人には通じないと知ったのは後になってからの事。
横浜駅の変化のなか、それももう随分昔になくなってしまった場所です。
今はなき横浜シァルに想いを馳せつつ、
日本のサグラダファミリア、横浜駅の完成を心待ちにしています。

因みにこの日は友人とカラオケで、
この店といえばこれだろう!という例の名物を頼みました。
2人で女子力なく食らい尽くさせて頂きました。

ベルギーアート

8月4日 土田麦菜

bunkamuraで7月から開催されている、「ベルギー 奇想の系譜展」に行って来ました。
わりと最近、ボス、ブリューゲル展に行ったばかりですが、今ベルギーアートブームなのでしょうか。
今回はシュルレアリスムがテーマとなっており、大好きなマグリットも見ることが出来ました!
可愛らしくもどこか不気味で、コミカルなのにリアリティがある不思議な世界観。

以前ベルギーの国に訪れた時に感じた、懐かしい気分を味わいました。

商品紹介!

セール期間も残りわずかとなりましたが、
まだまだ新商品の入荷は続きます!
ぜひこのお得な期間にご覧いただきたいと思います!!

今回は大人っぽいフレンチのチェアー。
フレンチデザインがお好きな方は必見。
紫のシックなモケット生地に、ブルーのブレードがキリッとアクセントに。

商品番号 999-A-1161
1900年代 ウォールナット
@118,800円
W490 D490 H990 SH470

naIMG_7315.jpg

緩やかな曲線使いがフレンチらしい。
ひとつひとつの優雅な装飾に目を見張ります。

naIMG_7316.jpg naIMG_7319.jpg

ストレッチャー周りもきちんと造られており、細部のこだわりを感じます。

naIMG_7317.jpg naIMG_7318.jpg

他にもたくさんの新商品が入荷しました。
お見逃しのないよう!ご来店お待ちしております。

魚日和

8月3日 須田涼子

最近は魚をよく食べたくなります。
先日もお魚が美味しいと噂のご飯屋さんへ行きました。

名前に魚が付いているだけあって、どれも本当に美味しい!
中でも感動的に美味しかったのは焼き蛤。
ハマグリから出てきた濃厚なエキス付きで、
粋に日本酒と、と言ってみたかったのですが、
残念ながら私は日本酒が飲めないのでそのままで頂きました。

思わず白米が欲しくなる、ほどよい塩加減の焼き魚も、
コリコリした新鮮なお刺身も、どれもこれも美味しく、
店員の方も気さくな良いお店で、また行きたいです。

Uotetsu2

休憩

8月2日 前川結

近頃外出するとどこかで休憩を挟まずにいられませんが、
先日、一人で買い物に出掛けた際に一息休憩、
お茶でもしようかと立ち止まり…

気づくとパフェを注文していました。
kyukei20170802.jpg

パフェを主食のようにしていた高校時代からも遥か
1年ぶりくらいのパフェでした。
急に食べたくなります。
アイスとチョコレートは基本毎日ですが。
プロフィール

GEOGRAPHICA

Author:GEOGRAPHICA
目黒通りのアンティークショップ・ジェオグラフィカの
スタッフによるBLOGです。

ジェオグラフィカ・ホームページはこちら
http://www.geographica.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク