商品紹介!

GEOGRAPHICAでは、4月2日(日)までSMALL FURNITURE VARIATIONを開催しております!
ちょっとしたスペースでお使い頂ける小さめの家具は、
バラエティー豊かで気の利いたものも多く、お部屋に華を添えてくれます。

今週も先週に引き続き、オススメの小物家具をご紹介。



まずは小さなオーク材のオケージョナルテーブル。

OCCTS
OCTS2
OCCTS3

天板が矢羽張りになっていて、表情豊かです。
幕板のゆったりとした曲線やモールディングなど、小さいながらも魅力満載。
細身のバーリーシュガーツイストレッグで、全体のバランスがとても良く、
下台もついていて便利です。
テーブルとしてはもちろん、プランツスタンドとしても良いサイズです。

609-M-0048 オケージョナルテーブル ←商品の詳細はこちらをクリック!



続いてはチェック生地で張り替えたオーク材のオルガンスツール。

OGSTOOL
OGSTOOL2
OGSTOOL3

シンプルなバーリーシュガーツイストレッグと、生地のバランスが絶妙です。
持ち運びしやすい形状なのも嬉しいところ。
お玄関先や、お部屋のポイントにいかがでしょうか。

612-P-0182 スツール



最後にご紹介するのはとてもうすーいマガジンラック。

MGR
MGR2
MGR3

奥行きが180mmなので、ちょっとした隙間やソファー脇に置いても邪魔になりません。
シンプルすぎず派手すぎない、奥ゆかしい佇まいがなんとも言えず良い雰囲気です。
表紙が素敵な雑誌を入れて、お部屋を彩るインテリアとして飾りたい一台。

612-P-0139 マガジンラック

SMALL FURNITURE VARIATIONは残り2日!
まだまだご紹介しきれないほどオススメの小物家具が沢山ございますので、
是非お越し下さいませ!

河鍋暁斎

3月31日 土田麦菜

渋谷bunkamuraで催されている、暁斎展に行ってきました。
西洋の絵画も好きですが、日本画も好きです。
特に浮世絵のハイカラな着物の色彩は学生時代から大好きでした。

暁斎は幕末から明治にかけて活躍した日本画家で、
その並外れた画力、観察眼、センスで、様々な流派の画法を極めた所謂天才です。

緻密で躍動感のある動物画や鳥獣戯画など、コミカルでウィットに富んだ表現力に終始圧倒されました。
軽妙洒脱、ぴったりな言葉です。

0330

Bloooming

3月30日 須田涼子

3月もあと2日!
少し前まで寒い〜と呟いていましたが、
昨日、今日と暖かく過ごしやすく、嬉しいです。

家の前のお花もつい数日前までは全く気付かないほどだったのに、
蕾が膨らんできて、もうあと少しで咲きそうです。
東京の桜は4/2頃に満開になるようですね。

ジェオグラフィカではSmall Furniture Variationを開催中です。
目黒川のお花見とセットで、是非お越しくださいませ。

Blooming

春色

3月29日 前川結

先日、父のお祝い事でフレンチを食べに行きましたが、
デザートは桜餅をイメージしたという春色のこちらでした。

20170329sakuramochi.jpg

桜の季節ですね。
そろそろ目黒川も見頃でしょうか。

お花見がてら、ジェオグラフィカへも是非お立ち寄りくださいね!

カスタムフレーム新入荷

3月28日 重本景子

ジェオグラフィカのカスタムフレームに新作が入荷しました!
cfasIMG_1429.jpg

使いやすい色合いのものや、ご要望が多い細めのフレームもございます。
ccfasIMG_1433.jpg cfasIMG_1435.jpg

”手持ちの絵を額装したい!”と思っていらっしゃる方は
ぜひ一度店頭にてご相談下さい。
絵が見違えるように輝きます!

こちらは油絵などに使えるオイルライナー。
きれいな色が入荷しました!
cfasIMG_1432.jpg

あとは、リフォームや装飾用に棒状でのご購入も可能です。
ちょっと個性を出したいところがありましたら、ぜひ取り入れてみて下さい。

Dumbwaiter Table



3月27日 萩谷優

イギリスBBC制作の人気ドラマ「SHERLOCK」、その特別編をこの間やっと見ました。

このドラマはベネ様は言わずもがな、プロップも非常に魅力的なのですが、
今回は特にヴィクトリア期が舞台ということで、普段店内で目にしているような
アンティークの家具をたくさん見ることができ更に楽しめました。

なかでも印象的だったのはディオゲネス・クラブでのマイクロフト、
ダムウェイターテーブルにこれでもかと盛られた食べ物を鷲掴みで食べるシーンです。
なるほどこうやって使うんだなと、よくわかりました。

それにしてもスピンオフのスピンオフの舞台がオリジナルというあたり、
諧謔的でいかにもイギリスらしい感じがします。

「張りー・ポッター と 張り待ちビューロー 」

3月27日 佐藤大文

ご無沙汰でした。塗装部の佐藤です。皆様、その後いかがお過ごしでしょうか。花粉症でしょうか。
気づいたら3月になっておりました。先月は半ばで引越しを突然思い立ったが為に日々の作業に追われながら、休日は引越しに係るアクション諸々をこなし続けました。そんなわけで浦島太郎のように2月はあっという間に過去になりましたとさ。

さて、今回は番外編。ビューローのレザーとフラップの受けに張るフェルトについてさらりとお話します。

IMG_3898.jpgIMG_3889.jpg

弊社では張り替えに使うレザーは合皮のものを使用します。アイテムによっては英国で作られているレザーを発注して張りかえる物もあります。今回はスタンダードなビューローにスタンダードなレザーの仕様です。
右の画像でせり出している材がビューローのフラップ(開閉天板)の塗装面から傷をつけないように支える為の部材です。茶色のフェルトを張っております。

IMG_3888.jpgIMG_3890.jpg

フェルトにも種類があり、緑は厚みがあり丈夫なので、天板裏などが塗装面と擦れる場合干渉する箇所に使用します。黒は緑のように厚みがありますが、主に引き出しの中のラシャ張りとして使います。最後に茶色は薄手で、負荷のかかりが少なく細かな箇所の緩衝用として使います。今回は天板の支えとして使うのと、収納時に引っかからないよう茶色のフェルトを選択します。
特に特別な作業ではありません。裁断したらボンドで貼ります。

IMG_3892.jpg  レザーの張り方についてはまた別途お話致しましょう。ちなみに接着に使う物は今ではボンドや自然素材の”のり”が主流ですが、昔は膠という動物の死骸から出る骨や皮を乾燥させて粉末にしたものを煮た物が主流として使われておりました。今でも使われることは多くあり、クラフトマン達は各々で適材適所に道具を選択して作業をします。

裁断にもカッターを使用しますが、鉋で木を削ると同じくその度に刃の薄さ、角度など自分の手と道具の連携の程度で左右するミクロの世界を意識しなくてはうまくいかない事もしばしばあります。
材を無駄にしない為にはそのような気構えも必要不可欠なのです。「勿体無い」は万国共通の意識です。日常生活でもあやかりたいですね。








引越しの際にいろいろな物を処分しましたが、なるべく無駄な物は買わないように心がけたいと思います。とりあえず3年前に買ったゴミ箱をゴミに出して新しいゴミ箱を買い揃えたいと思います。新生活のフレッシュマン達が楽しそうに家具量販店で物色する様を横目に見ていましたが最近の若者は小金持ちで羨ましいですね。でもこうして日本の生活水準はもっと豊かに成長していって欲しいものです。海外と比べればまだまだ発展途上なのですから。

それではまた。

いちご

3月26日 岡田明美

昨日もランチは社食(イル・レヴァンテ)にて。
デザートに『いちごティラミス』を出していただきました!

そうか〜〜いちごの季節ですね。
パックで買うといちご攻めの刑に遭うので、、と話していたら
どうやら最近はお一人様パックなるものもあるらしい・・・

ホテルのデザートビュッフェも今はいちご一色!ですって!!
しかし、私の周りの友人でデザートビュッフェに付き合ってくれそうなのが居ない。
(アルコール)飲み放題付きビュッフェなら居るかも〜。
一人デザートビュッフェは辛すぎるから、姪でも誘って行くことにしますか。。。

イル・レヴァンテでも3月末まで『ストロベリーフェアー』やってます!!

IMG_4814.jpg

本日より小物家具フェアー開催中!

3月25日 瀬藤万里絵

本日より、小物家具のフェアー『SMALL FURNITURE VARIATION』を開催!

IMG_1697.jpg

前年にもご好評でした、お部屋に取り入れやすい小さな家具を集めました。
もちろん、今回のフェアーに合わせて新しい家具も続々入荷しております!

IMG_1689.jpg
IMG_1696.jpg


昨日のブログ記事でも、ほんの一部ですがご紹介しておりますので、
是非チェックしてみてくださいね。

マンションや、一人暮らしのご家庭にも合わせやすい小物家具。
アンティークはなかなか…と思われていた方も、
この機会にぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

商品紹介!

ただいま、小さめの家具が続々入荷中です。

小ぶりで場所を取らず、お部屋に取り入れやすい…
それでいてしっかりとアンティークの魅力をお楽しみ頂ける
そんな洗練された上質な家具たちが勢ぞろい!

その中から一部をピックアップしてご紹介いたします。


まず、こちら。
1930年代マホガニー材のライブラリーテーブル。

IMG_1649_20170324181911ba4.jpg


回転式のラックがついていて、
ちょっとした本や小物を置くことができます。

IMG_1642.jpg
IMG_1643.jpg
IMG_1654.jpg


サイズとしては、サイドテーブルにぴったり。

IMG_1646.jpgIMG_1653.jpg


ゆったりとお茶を飲みながら、1冊読み終え、
そして続けて今度は別の本へ……
そんな優雅な場面もプロデュース出来てしまう、
個性的でちょっぴり楽しくなるテーブルです。

詳細ページはこちら


続きまして、こちら。
1890年代マホガニー材のコールボックスです。

IMG_1660.jpg


コールボックスとは、炭入れのことなのですが、
暖炉がほとんど使われない現在では、先人の生活の一端に思いを馳せられる
いかにもアンティークならでは、という家具ではないでしょうか。
そんなところにもワクワクと惹かれてしまいますよね。
折角なので色々な角度から。

IMG_1659.jpgIMG_1656.jpg

真鍮の金具も雰囲気があってとても素敵です。

IMG_1663.jpg

IMG_1668.jpg

そしてなんとも緻密な彫刻が美しいです。
小さいながらも、ぎゅっとアンティークらしさが詰まっています。

そして炭入れたる部分を開くとこのような感じ。
ブリキは取り外しが可能です。

IMG_1669.jpgIMG_1672.jpg

そしてスコップもちゃんとついています。

IMG_1680.jpg
IMG_1682.jpg

使い道を考えるのも楽しくなってしまいますね。

詳細ページはこちら


他にも質の良い家具がひしめいています。
ぜひ店頭にてご覧になってみてくださいね。

Fresh juice

3月24日 土田麦菜

かわいいジュースを衝動買いしました。
イギリスのサヴォーク州にあるフルーツファームで作られている、 James White社のオーガニックジュースです。

ラベルのオジ様がとってもダンディ!

犬守り中

3月23日 須田涼子

実家の母が帰省中の為、犬守り中です。

昨日の朝は、実家が引っ越してから初めて二人きりのお散歩。
いつもの散歩コース、わからないなぁ。。。と思っていたら、
こっちだよ、と(多分)教えてくれました。可愛いです。

御年10歳ですが、タッタカターと元気、元気。
元気すぎて調子に乗ったのか途中で迷っていましたが、
そんな姿も愛おしい。

普段は某朝のニュース番組のわんこを見て、会えない寂しさを埋めているわけなので、堪能中です。

Inu

春が来た

3月22日 前川結

横浜の公園で土筆を見つけました!

20170322.jpg
(iPhoneで撮影したところピント合っておらず)

姪っ子が見つけてくれました。
土筆を見たのはいつ振りでしょう。
小学生振り?
土筆はそこらに生えているものなのですか?
寂しいことに、普段気づいていないだけなのか?
たまには公園でのんびり過ごす時間も必要だなと
慌ただしい毎日の中でふとそんなことを思います。

家具探索

3月21日 重本景子

萩谷さんに続いて、港北ファクトリーについて。
イギリスからコンテナが来たばかりということで、
ファクトリーは宝の山のように、た〜っくさん!!の家具が溢れています。

kfDSC_0686_201703201700383ca.jpg

2階もぴっちぴちに家具家具家具。。。
アンティーク好きな人にはたまらないのではないでしょうか、
楽しいです。
kfDSC_0693_2017032017004021c.jpg

あ、かわいいカウチを発見!
kfDSC_0694_20170320170041440.jpg

あかかたくなってきましたので、お出かけ日和も増えそうです。
港北ファクトリーで家具探索はいかがでしょうか?

新入荷



3月20日 萩谷優

ここはジェオグラフィカ港北ファクトリーです。
英国より新しいコンテナが届き家具が満載になっています。
どんな家具が入ってくるか、事前にある程度わかっているものの、
実際にコンテナの扉をあけるときはやはりドキドキします。

3月19日 栗田友克

張物のチェアの修理の際に、生地をはがしてみて、初めてフレームの状態がわかります。
これも虫食いでスカスカにされていました。

14843212940.jpeg

もうちょっと寄った画像だと、気持ちワルッとなりそうなので
分かりづらいかもしれませんが、強度も危うい状態です。

そんな時は、材を交換してしっかりと組み直してあげれば
問題ありません。
生地にくるまれてしまうので、風合いなども気にすることなく、交換できます。

14843212260.jpeg

はいっ!
これで大丈夫!!!

ゆるキャラ

3月19日 岡田明美

我が街の『ゆるキャラ』をご紹介します。













さぎぴょんです!
IMG_4783.jpg

どこが鷺やねん!
とか、
なんでブルー?
など、
各方面から突っ込み多数ですが・・・

意外に人気者のようです。
某日、駅前で発見。お子ちゃま達に囲まれてました。

ただ、彼の中のヒトは外があまり見渡せないようで
必ず「介添人」が近くに居ます。ww......

この次出会ったら、お子ちゃま達を押しのけてツーショット撮ります。


最高の笑顔

3月18日 瀬藤万里絵

何度も見返したくなってしまう作品というのがありますが、
私にとってはチャールズ・チャップリンの作品もその一つ。

モノクロで無声であるのに、人の心情や世界観が色鮮やかに感じられるようです。
全部網羅しきれているわけではありませんが、特に好きなのは「街の灯」

面白おかしいのに、時に皮肉で、そして切なくて、
人生で一度でいいから、あんな作品が作れたら…と、永遠の憧れです。

彼のすごいところは、コミカルな動きや表情、演技の完璧さはもちろんのこと、
自身の作品の監督や音楽まで手がけ、気に入らなければ何度でもやり直すという、
その情熱とこだわりです。

ラストのチャップリンのあの笑顔は、世界屈指の素敵なカット。

a609a2a3a412a8fa15e9388748c02c20.jpg

ボタニカルアート

3月17日 土田麦菜

1階の一角には可愛いアンティークプリントがわんさかあります。
ファッションプレートや広告ポスター、リトグラフや写真、グリーティングカードなど種類も様々です。
中でもとりわけ人気なのがボタニカルアート。

アンティークのボタニカルアートは、もちろん作者によって個性もあり、
リアルで少し毒々しい花々が、古めかしくも優しく、時にドぎつい色合いで描かれています。

私は特に複数の種類がズララっと1枚に収まっている図鑑シリーズが好きです。
このカラフルさ…
緻密さ…
忠実さ…

アンティークプリントならではですね。

IMG_1002.jpg IMG_1006.jpg IMG_1009.jpg

ジェオグラフィカでは作品に合わせて、種類豊富なモールディングからお好きなデザインをお選び頂き、額装することも可能です。
お気に入りのプリントが見つかりましたら、お気軽にスタッフまでご相談下さいませ!
額装についてはこちら

Lapel pin

3月16日 須田涼子

最近、いつもお世話になっている方と名探偵ポワロのお話をしました。

元々ミステリー好きなので、ポワロのお話が大好きなのですが、
ドラマの世界観、家具、お洋服など、ストーリー以外にも楽しめる要素満載で、
何度観ても見飽きる事がありません。
GEOGRAPHICAにいらっしゃるお客様でも、ファンの方は多いのではないでしょうか。

以前、他のスタッフブログでも紹介されていたポワロさんがいつも身につけているブローチ、
「ラペルピン」というそうです。
ラペルとは、スーツやコートなどの襟の折り返し部分をさします。
ポワロさんのラペルピンは生花が挿せるようになっていて、
シチュエーションによりお花の種類が変わっているみたいですね。
スミレの花の印象が強くて、それを含めたデザインだとばかり思っていたので、
ビックリしました。

ポワロが身につけているラペルピンは2種類あるとのこと。
もう一度見返して、発見せねば!です。

Poirot lapel pin1
Poirot lapel pin 2

物量

3月15日 前川結

近頃、引っ越しに伴う荷物整理を行なっており、
わかってはいましたが、
荷物の多さを再確認。

作品集やアンティーク関連などの本はかなり多く、
そして何よりこれ。






まだまだこんなものではありませんが。
少しは物を減らす努力もしたり
心機一転の春を気持ちよく過ごせるよう
工夫したいと思います!

Lascaux

3月14日 重本景子

少し前ですが、国立科学博物館のラスコー展に行きました。
クロマニョン人が残した洞窟壁画の特別展ということで
昔々学校で習ったなという感じですが、
世界遺産好きの私としては気になるものがたくさんで
とても楽しく見学出来ました。

驚いたのはクロマニョン人の美意識の高さ。
壁画には動きを意識した陰影を多用し、構図や色彩、などなど
かなりのこだわりをもって絵が描かれているのです。

ラスコーの壁画は、たまたま犬と子供に発見された遺跡。
世界にはそのような秘密の場所が他にもあると思うので、
今まだひっそりと存在していると思うとわくわくします。

rscDSC_0515.jpg

rscDSC_0511.jpg

Foyle's War



3月13日 萩谷優

NHK BSにて刑事フォイルの新シーズンの放映が始まりました。
またそれに伴い旧シーズンの再放送も始まりました。
おかげで僕の休日の録画消化スケジュールはパンクしそうです。

美術館をはしご

3月12日 岡田明美

久しぶりに美術館三昧してきました!

どこからともなく美術展のチケットを手に入れてきてくれる友人、
「溜まってるけど〜〜」の連絡をもらい、上野で美術展のはしごを。

『春日大社 千年の至宝』
『ティツィアーノとヴェネツィア派展』
『シャセリオー展』

平日の美術館は5時半には閉館してしまうので、急がなければ !!
まずはメインの春日大社展へ。
間もなく終了とのことで、平日の割りに混雑していましたが、ゆっくりと鑑賞できました。
春日大社へは訪れたことが無いので、やはり次回の旅《食べ歩き》は
奈良が最有力候補となりました。

会場にはこんな撮影ブースが。
IMG_4773.jpg
春日大社へ行ってきました〜との記念撮影用パネルですが流石に
恥ずかしかったのでパネルのみ撮影。

横には灯籠提灯が数十個下がったブースがありましたが
お気に入りのを一つだけ。(奈良と言えば鹿です)
IMG_4776.jpg

なんだかんだと時間は掛かり、残り2つは駆け足鑑賞。
ティツィアーノは「これでもか聖母子画押し」でお腹いっぱい。。。
シャセリオーは私は全く知らない画家で、何の前情報もなく鑑賞しましたが
筆致や色使いなど、結構ツボな画風でした。(自画像が凄〜くイケメンでした!)

3展観終わり、目はシパシパ、足はヨレヨレでしたが
久しぶりの上野ですから、そのままアメ横に突入したのはモチロンです!

ナポリタンと……

3月11日 瀬藤万里絵

先日、用事で出掛けた先で、通りがかりにフラっとカフェへ入りました。
喫茶店好きなので、気になるところがあるとついつい立ち寄ってしまいます。
用事を済ませて腹ペコ状態での入店だったので、イチオシされていたパスタを注文。
久しぶりにナポリタンにしてみました!

20170311093224cb5.jpg

レギュラーメニューのナポリタンとは別の、期間限定の復刻版?を頼んだところ、
横浜製の胡麻ラー油をお好みで……ということでした。
はじめてのコラボでしたが、これがとてもマッチして美味しかったので、
家でも今度やってみよう、なんて思っています。

梅の花

3月10日 土田麦菜



出かけ先の道中で梅の花を発見。
今年間近で眺めるのは初だったかもしれません。
季節の花を見ると1年の早さを痛感しますね。
まだまだ朝夜は冷え込みますが、着々と春らしくなってきました。

商品紹介!

今月のお勧め商品はダイニングテーブル&チェアです。
ジェオグラフィカ店頭にはたくさんのダイニングが入荷しております!

地下1階からオーク材の家具をご紹介します。
dining1.jpg dining2.jpg

オークといえばブルボーズのドローリーフテーブル。
細かなアカンサスの彫刻が施され、重厚感があります。
999-A-1124 ドローリーフテーブル
610-N-0175 オークチェアー

dining6.jpg dining6-2.jpg

スクロールしたアイアンの脚が特徴のダイニングテーブルと、
合わせたベントウッドチェアーはトーネット社のオリジナルです。
611-O-0179 ダイニングテーブル
612-P-0015 ベントウッドチェアー

dining7.jpg dining7-2.jpg


オーク材のクイーンアンセットです。
曲線の優雅さと、オークらしい温かみのある雰囲気をお楽しみください。
610-N-0148 エクステンションテーブル
607-K-0123 クイーンアンチェアー
dining8.jpg dining8-2.jpg


3階からはマホガニー材の家具をご紹介します。
dining3.jpg dining4.jpg

こちらはちょっと珍しいサイズ感のテーブルです。
シンプルさが魅力で、引き出しがアクセントになっています。
612-P-0202 ダイニングテーブル
606-J-0068 サイドチェアー
dining9.jpg dining9-2.jpg

近頃あまり見かけなくなりました、伸ばすと楕円になるドローリーフテーブルです。
天板縁のガドルーニングやクロウ&ボールフィートが程よくアンティークらしくてお勧め。
611-O-0145 ドローリーフテーブル
513-F-0022 クイーンアンチェアー
dining10.jpg dining10-2.jpg

その他まだまだございます。
ダイニングテーブルはこちら
チェアーはこちら

ジェオグラフィカの twitterInstagramなどでもご紹介しますので
是非チェックしてくださいね!

初洋館巡り

3月9日 須田涼子

ずっと行きたかった横浜洋館巡りをしました。

スタートはイギリス領事館。それから山手234番館へ。
その後はずっと行きたかったえの木ていでお茶とケーキを。
えの木ていはケーキもさることながら、雰囲気が良くて、
幸せ〜な時間でした。
階段の作りが可愛かったです。

それから少し歩いて外交官の家へ。
本日見た中で一番雰囲気が良くて、心躍りました。
特に塔屋が素敵。庭も綺麗に整えられていて、絵になる空間でした。

その日は休館の所が多かったのですが、
それぞれゆっくりと回ることができましたし、
次に巡る楽しみもできて、充実した楽しい1日でした。

Yokan
Yokan2
Yokan3

生まれ年の

3月8日 前川結

先日、トゥールダルジャンでディナーをしました。
1582年から続くパリ本店より、世界唯一の支店であるホテルニューオータニのお店です。
100年前のワインや食器、家具が展示された雰囲気の良い空間で、
絶品の鴨料理はもちろんですが、
フランス本店の膨大なワインコレクションから直送されるということで、
ワインリストも逸品揃いです。
その中から私の生まれ年のワインを頂きました。
この年は当たり年で、しかも今が飲み頃なのです。
深い香りと味わいを楽しみした。

IMG_4530.jpg

布シェード

3月7日 重本景子

私の中でジェオグラフィカのおすすめ商品のひとつに、布シェードがあります。
ひとつひとつアンティークの本体を考えて、生地を選び手作りされています。
なので、他では見つからない素敵なデザインが光ります。
ちょうど新作も入荷したので、いろいろな組み合わせに目移りしてしまいます。

春になるしお部屋の雰囲気を明るくしたいな〜、と思っている方、
デザインや生地使いにこだわりを求めている方、
ぜひ一度ご覧頂きたいと思います!

nsIMG_0826.jpg nsIMG_0825.jpg

もうすぐ春



3月6日 萩谷優

まだ寒いですが、もうすぐ春です。
雪が解けて川になって流れて行きます。
恥ずかしげに顔を出した新芽がちらほら。

我が家乾燥注意報

3月5日 岡田明美

引越しをして初めての冬、南向きで大変暖かい我が家。
暖房もほとんど点けずにこの冬を過ごした為、加湿器も出しておりませんでした。

が、先月の寒波到来に暖房スイッチオン!!&加湿器も出動!!!
翌日ふと気づくと加湿器の水が全く減っていません。
「思った程乾燥していないぞ・・・」とほくそ笑む。
何日かしても同じ状態。

で、初めて気づく!!!「壊れてる〜〜」
運転ランプが付いていたのですっかり騙されました。。。

もう冬も終わるので、今年は加湿器はナシで!!と決めた途端、
フラ〜〜と入ったインテリアショップで、“セ〜〜ル”になってましたヨ。

ま、まぁ、ずっと使うし・・・と抱えて帰ってまいりました。

早速、運転〜〜
IMG_4706.jpg

正しく、(アロマ香り付き)蒸気も出て、残りの冬はうるうる〜〜\(^o^)/
IMG_4705.jpg

商品紹介!



609-M-199 スタッキングブックケース
アールデコスタイルのシンプルなデザイン、
ちょっと珍しいビューロー付きのスタッキングブックケースです。

IMG_3731_20170303141145b49.jpg

英Minty社製、1920〜30年代の物

IMG_3728_20170303141141b50.jpg

Minty社は1880年オックスフォードにて創業、
創業当初に製造販売していたウィッカーチェアーは大変な人気商品だったそうです。

minty varsity chair

コンディションも良く、またしっかりと修復していますので、
まだまだ現役で活躍します。

IMG_3732_20170303141146b10.jpg

IMG_3733_20170303141147415.jpg

IMG_3734_20170303141148c0b.jpg

このステイは新しいものに交換しています。
デスクトップのビニールレザーはオリジナルのものです。

IMG_3735_20170303141150624.jpg

詳細はこちらから




多肉さんたちの成長

3月4日 瀬藤万里絵

店の花壇の多肉植物たちが少しずつですが成長しています。
雑草をつみながら、ドアップでパシャリしてみました。
201703040921266f6.jpg

20170304092127429.jpg

20170304092129e2a.jpg

2017030409213096d.jpg

アップにするとなかなかの迫力!

アカデミー賞

3月3日 土田麦菜

今日は日本アカデミー賞授賞式ですね。
映画好きには話題に事欠かない、楽しい時期がやってきました。

昨晩観たのは、各種賞レースを賑わせた話題の作品、『ラ・ラ・ランド』
アカデミー賞では惜しくも作品賞は逃してしまったものの、主要6部門で賞をとる快挙。
ミュージカル映画というエンターテイメント性と、重厚なストーリー性を兼ね備えた、
本当に素敵な作品だったので納得です。

物語の主人公はそれぞれ、ジャズバーを開きたい、女優になりたい、という夢を持つ二人の男女。
好きなものに打ち込む姿勢、理想と現実で揺れ動く気持ち、葛藤、挫折、、
それでも前に進もうとする二人に共感せずにはいられません。

時代設定は現代ですが、ファッション、車、舞台と全てがレトロでファンタスティック。
そこも見所のひとつでしょう。
そして前作に引き続き、監督の音楽愛をひしひしと感じる作品でした。

深大寺

3月2日 須田涼子

深大寺へ行ってきました!
私は地元が調布市なので、深大寺は小さい頃から馴染みのある場所。
多分10年以上訪れていなかったのですが、すごく懐かしい気持ちになりました。

深大寺といえば、お蕎麦。
ということで、もちろん食しました。コシがあって美味しい。。
Soba

それから、絶対に外せないお焼きももちろん食べました!
このお焼き、パリパリもち〜としていて、本当に美味いのです。
Mochi

噂の鬼太郎カフェもちらりと覗き見。
Kitaro

とても天気の良い日で、梅の花も綺麗で、
心が洗われた一日でした。
Kitarodo
プロフィール

GEOGRAPHICA

Author:GEOGRAPHICA
目黒通りのアンティークショップ・ジェオグラフィカの
スタッフによるBLOGです。

ジェオグラフィカ・ホームページはこちら
http://www.geographica.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク