春のお花

2月28日 重本景子

先日、お花をたくさん頂きました。
チューリップやバラ、その他いろいろ手いっぱいの
春らしい色合いのお花。
大きめの花瓶に入りきらず、小分けにあちこちに飾り
部屋の中には一足早く春がやってきました。
やはり生花を飾ると新鮮なエネルギーを感じます。

明日から3月。早いものです。
桜ももうすぐ!たくさん咲いているのを見たいと思います。
今年も楽しみです。

clp2102IMG_20170216_133643 2

The Imitation Game

2月27日 萩谷優

須田さんを見習って僕も映画を観ました。
イギリスの天才数学者アラン・チューリングを描いた作品です。
ベネ様ファンとしては無条件で楽しめると思いますし、
またそうでなくても面白く、俳優陣がとても魅力的な作品です。

名古屋 観光編

2月26日 岡田明美

ショートトリップ・名古屋。
ただ食い倒れ、買いまくりしていた訳ではなく・・・
ちゃんと観光もしてきました。

1日目は熱田神宮(ひつまぶし待ちの時間を利用)へ参拝。
伊勢神宮に鳥居、本殿共に似ております。
IMG_4481.jpgIMG_4483.jpg


2日目はあまり時間が無く、どこか一箇所!ということで協議の結果
『文化のみち二葉館』を見学。
こちらは「日本の女優第一号」として名をはせた、川上貞奴が女優を引退した後
大正九年頃から暮らした館を移築したもの。

和洋が見事に混ざったスタイルの館は、わが国初の住宅専門会社
「あめりか屋」に依リ設計された建物で、移築復元に当たっては
できるだけ当時の材料(構造材やステンドグラスなど)や工法を用い、
再現されたとのこと。
廊下の杉板張りやステンドグラスなど、見ごたえのある館でした。

IMG_4519.jpgIMG_4522.jpg
IMG_4520.jpgIMG_4526.jpg
IMG_4528.jpgIMG_4529.jpg
IMG_4525.jpgIMG_4523.jpg

IMG_4515.jpg

次回は金の鯱鉾をぜひ間近で見てこようと思います!

花笑みにつられて

2月25日 瀬藤万里絵

部屋に緑が欲しいなあ、などと最近思いながら、
ふらふらと見かけた花屋を片っ端から覗いていた私ですが、
ついに一目惚れして買ってきてしまいました。
くすんだピンクにイエローグリーンほんのりという
絶妙なアンティークカラーの色合いは、私の心を鷲掴みにしてくれました。

20170224052622183.jpg

滅多に見かけない色のサクラソウに惹かれ、
家に帰ってから調べてみましたら、
どうやらウインティーという改良品種のサクラソウだそうです。
私が購入したのは、ピーチという色でつい最近開発されたようですが、
ライムグリーン色のものが有名だそうで、そちらも素敵そうです。
ひとまず我が家のニューフェイスは、箱入り娘確定です。

手づくりの…

2月24日 土田麦菜

暇を持て余したのでクッキーを焼きました。
混ぜる、コネる、焼く、の三工程でハイ出来上がり。
オーブンを開ける瞬間ってなんてワクワクするんでしょう。
実家がケーキ屋だったので、あの香ばしい香りをかぐと幼少時代を思い起こします。

IMG_8786.jpg

…まん丸にしたはずが、なぜこんな歪な形に……

父のようには出来ませんでした。


商品紹介!

久しぶりに大きさも程よい、三面鏡のドレッシングテーブルが入荷しました!
年代はそれ程古くは無いのですが、入荷時は結構使い込まれており、
修復スタッフの手を煩わせた一品のようです。

しかし仕上がりはマホガニーの質感も美しく、天板のガラスも交換され
べっぴんとなって、お店に投入されてきました。
やはり三面鏡のドレッサーは人気が高いのでお探しの方は是非店頭へと!
IMG_4641.jpg

シンプルですがインレイも入っております。
IMG_4642.jpg

ガラス天板が敷いてあるので、気軽に使えます。
IMG_4643.jpg

テーパードレッグの脚は珍しいです。ちょうど店頭にある同じデザインの脚の
サイドチェアーとセットでいかがでしょうか??
IMG_4644.jpg

ドレッシングテーブル
サイドチェアー

もう一つご紹介したいのがこちら!
巨大な「ダムウェイターテーブル」です。
実物が店に届いた時は衝撃でした・・・だってほぼ大人の身長と同じ164cm。
「どこに置くん!?」と騒然となりましたが、丁度『紅茶フェアー』の
真っ最中ですので、紅茶などディスプレーしてみたら、ずっとそこにいたかのような存在感!
個人宅ではボリュームが有り過ぎ?ですが、パティスリーショップなどの
什器にはぴったりです!!
IMG_4646.jpg

脚の大きさだってこの通り!
IMG_4648.jpg

隣に良くあるタイプのダムウェイターテーブルを並べてみました。
チ、チビッコですね〜〜。
IMG_4649.jpg

ダムウェイターテーブル・大

ダムウェイターテーブル・小

パンズ・ラビリンス

2月23日 須田涼子

ラビリンス

DVDプレイヤーを譲り受けたのでDVD三昧です。
最近観た中で良かったのは「パンズ・ラビリンス」

ファンタジーはほとんど観ないのですが、この作品はずっと気になっていて、
ただ戦争が題材となってるため、中々観る準備ができませんでした。

感想、「全然ファンタジーじゃない」

詳細なあらすじはこちらをご参考に→https://ja.m.wikipedia.org/wiki/パンズ・ラビリンス

主人公オフェリアは王国のお姫様であると証明するため、
命題に挑むのですが、それぞれがとてもグロテスク。
目を向けられない程の残酷なシーンが、
現実でも迷宮の場面でも映し出されて、心が痛い。。
父親の死、母親の再婚、冷徹な継父、戦争、ファシズム。
現実は少女にとって受け入れがたいことばかりで、
妄想の世界に囚われてしまったのか、
はたまた本当にファンタジーの世界は実在するのか。
「現実は辛いことばかりだけど、」と母親のお腹の中の弟に語りかける場面では、涙腺が崩壊しました。

ラストシーンは色々な解釈があるようですが、
私は幸せな最後だったと思います。
大切なものを守り、魔法の国に行くことができたので。

ご興味がある方は是非。

オイスター

2月22日 前川結

冬は私の大好きな牡蠣が美味しい季節なので
やはり幾度か食べております。



もう春がすぐそこまで来ていますが
まだ食べ足りず。

出来れば今年も牡蠣小屋に行きたい!
でも何だかんだやはり生牡蠣が一番好きです。

ティツィアーノとヴェネツィア派展

2月21日 重本景子

先日、東京都美術館へ行きました。
今はティツィアーノとヴェネツィア派展が開催中です。

水の都ヴェネツィアの15世紀から16世紀の美術黄金期の作品がたくさん。
明るい色彩と自由闊達な筆致、柔らかい光を特徴としているそうです。
巨匠ティツィアーノを中心に鑑賞し、
一番素敵と思ったのは”ダナエ”という作品。
色彩は繊細且つ奥行きがあり、柔らかい光につつまれていました。
ダナエの美しさが見事に表現されており、とても印象に残りました。

220tiaIMG_20170217_172148.jpg

色付きワックス

IMG_2000 (1)

2月20日 萩谷優

新登場のステインワックス、色付きです。
例えば細かな引っかき傷などがある場合非常に効果的で、
簡単に目立たなくなります。

もちろん、完全に傷を消し去ることはできないのですが、
目立たなくしつつ周囲にうまい具合になじませることができるのです。
場合によってはリタッチをするよりも自然な仕上がりになることもあります。

傷の種類によってあまり効果のないこともありますけれど、
日常のお手入れにはかなりの威力を発揮するのではないでしょうか。

詳細や購入についてはこちらからどうぞ、
また、色付きなので使用場所にはご注意ください。

名古屋みやげ

2月19日 岡田明美

前回の予告通り、今回は『名古屋みやげ』
旅に出ると、財布の紐ゆるゆるになるタイプです。

掛けるだけで、何でも名古屋めしになるという調味料と
家庭で作れるあんかけスパゲティー。
IMG_4543.jpg

熱田神宮売店にて、ひつまぶし系2品。
IMG_4548.jpgIMG_4549.jpg

名古屋と言えば、『あんこ』
で、ソリッドなあんことあんこ味のお菓子&味噌カツ味の駄菓子。
IMG_4545.jpgIMG_4550.jpg
IMG_4562.jpgIMG_4547.jpg
(こちら4品は全てホントのお土産。)

色々購入した中で今回のヒットはこちら。
IMG_4544.jpg
一日に二回のみ、限定販売の『わらび餅』

餅はぷにぷにで、きな粉も甘くなく、一箱ペロリといただきました(!!)
IMG_4568.jpg

我ながら恐ろしい、旅先=物欲炎上。






春一番の悪戯

2月18日 瀬藤万里絵

昨日の春一番、すごかったですね。
結構な強風で、父の大切にしている多肉植物の鉢植えがご覧の通り……

2017021809262401b.jpg

強風に煽られたカーテンが暴走しての悲劇。
どうやら鉢もちゃんとした焼き物で父のこだわりだったらしく、
少ないお小遣いのなかから頑張って買ったようで、
なかなか父にとっては罪作りな春一番さんになってしまいました。

商品紹介!

本日の東京は春一番が吹いており、分厚い上着を着込んでいると少し汗ばむくらいの陽気でした。
初春のそよ風が〜…というには強風すぎましたが、少しずつ春の気配を感じる今日この頃です。
しかし明日からはまた冬の寒さに戻るそうですね…。

そこで、お部屋の中から春らしく、明るくカラフルなフロアスタンド用シェードをご紹介いたします。


まずはイギリスで創設されて100年以上の歴史を持つインテリアファブリックブランドである、
「サンダーソン」の生地を使って製作したシェードです。

IMG_0228_20170217191250d58.jpg IMG_0229.jpg
こちらはアーカイブコレクションの一つである『ポーセリンガーデン』というプリント生地。
そこはかとなく東洋美を感じられ、なんとも可愛らしい小鳥と、ポップなパステルカラーが春らしいですね。
ライトグリーンのブレードと相まり、全体的に軽やかな印象です。


お次は、ブルーグリーンを基調とした大きめの花形シェード。
こちらの『チェルシー』という生地もサンダーソンデザインです。
白いバラと、柔らかなグリーンという色味にヴィヴィッドな派手さはありませんが、
大きなお花模様の存在感は抜群です。

IMG_0232_2017021719135284c.jpg IMG_0236_20170217191350b2b.jpg


最後は、お馴染みのウィリアムモリスから、お馴染みのいちごドロボウで仕上げたこちら。

IMG_0245_20170217191613871.jpg IMG_0247.jpg

モリスのデザインの中でも圧倒的な人気を誇るいちごドロボウは、
色味も赤や茶、ブルーなどいろいろありますが、今回は空色に。優しい色味が印象的です。
明るい水色に赤い実がポイントになっていてとっても可愛らしいですね。

いずれも詳細はホームページでご覧いただけます。
もちろんE-SHOPからでもご購入可能です。
この機会にシェードを変えて、気分をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

茶×ミルク

2月17日 土田麦菜

イギリスでは紅茶を飲む際、ミルクを入れるのが主流だそうですね。

濃いめに入れた紅茶にミルクは本当によく合います。ホットもアイスもありです。
紅茶だけでなく、抹茶や一時期流行ったほうじ茶もナイスな組み合わせです。
緑茶ラテとかもあるんでしょうか。
知らないだけでありそうですね。

中でも個人的にはチャイティーが好きです。
鎌倉で飲んだチャイティーは格別でした。

シナモンなどのピリリとしたスパイスと柔らかなミルクに、
古民家カフェというシチュエーション補正も相まり、まさに至福の時。

チャイにも手軽なティーバックタイプがあるので、お家でも簡単に飲めますね。
カフェオレボウルのようなおっきなボウルにたっぷり入れて飲みたいものです。

IMG_1408.jpg

悩み中

2月16日 須田涼子

teaf6

あったか紅茶フェアー2017好評開催中です!

日々美味しそうな紅茶とお菓子に囲まれていて、
幸せな気分。
そういえばこの紅茶フェアーの時期は、一年の中でも特に沢山紅茶を飲んでいる気がします。

今年はどの紅茶を買おうか、悩み中です。

teaf2
teaf3
teaf4
teaf5
teaf1

レモンマートル

2月15日 前川結

毎年恒例、紅茶フェアーの期間限定でお取り扱いしております
クルッティさんの『レモンマートル』
今年もご用意しております!

IMG_4250.jpg

事前のお問い合わせも頂きお待ちかねの方もいらっしゃったようで、
ありがとうございます。

オーストラリア原産で日本ではあまり見かけないようですが、
レモンよりレモンの香りがする植物として知られているレモンマートルは
とても爽やかで美味しく毎年大好評です。
ハーブティやブレンドティー、キャンディ、精油等色々とございます。

IMG_4339.jpg IMG_4340.jpg

IMG_4336.jpg IMG_4342.jpg

レモンマートルの他、
ハーブティー各種、マカダミアナッツ、マヌカハニー等どれも美味しいです。

IMG_4337.jpg IMG_4341.jpg


私もレモンマートルやその他たくさんの美味しい品々を毎年楽しみにしておりましたが、
今年はクルッティさんの店長クレイグさんの微笑ましいエピソードを発見してから、
『レモンマートル&ハマナスブレンドティー』が気になって仕方ありません。

クルッティさんHP引用
『オーストラリア人の店長が北海道に移住して15年。
母国オーストラリアの農園か ら直輸入の有機「レモンマートル」と移住を決めるほど大好きな
北海道のオーガニック原料「はまなす」のブレンドを国内で加工しました。
柑橘系の爽やかな香りと バラのような美しい香りのブレンドティーをぜひお試しください。』

とのことです。
日本への移住を決意したきっかけ、はまなす!
今年の一押しはこれで決まり!

IMG_4343.jpg

レモンマートルティーを始めこれらたくさんの商品、
お取り扱いはフェアー会期の2月26日(日)までです!

Tea Time in Colours あったか紅茶フェアー2017

お花見

2月14日 重本景子

”日本で一番早いお花見を、日本橋で”をテーマにしたお花のイベントに行ってみました。

桜をモチーフにしたアート空間、立春を感じる花のデジタルアートなど
生花、オブジェ、映像、香り、飲食など五感で楽しめる花の空間がそこにはありました。
別世界へ入り込んだような面白い体験。

nhhnmDSC_0586.jpg nhhnmDSC_0610.jpg

デジタルを駆使した未来的な驚きがたくさん。
ビジュアルは未来的ですが古典的な花占いも出来たり、
生け花の空間も日本らしくて癒されます。
中は良い香りで満たされていて、
もうすぐ春だな〜と、ふと思います。

nhhnmDSC_0637.jpg

桜で覆われた空間にはお月様がとても綺麗で、立春を表現。

nhhnmDSC_0625.jpg

しかし、帰り道はチラチラっとだけ雪が降ったりして
日本橋の石造りの建物を背景に風情があって綺麗。

改めて日本の四季を感じたのでした。

チョコレート


2月13日 萩谷優

友チョコというのだそうで朝から何やら楽しそうに作っています。
うちは男1:女3人のはずですがそういえばあまりチョコをもらった記憶が無いですね。
日頃の行いと言ってしまえばそれまでですが、
父チョコを流行らせない業界サイドにも問題があるのではないでしょうか。

名古屋めし

2月12日 岡田明美

先週、所用が有り名古屋へ行ってきました。
親戚が居るので割と子供の頃から訪れていましたが
最近はご無沙汰・・・十数年振りです。

名古屋に遊びに行くと、出迎えてくれた叔父が必ず連れて行ってくれたのが
海老天入りのきしめん。そして帰京土産に持たせてくれたのがういろう。(重いでよ)

所用はすぐに済んだので、あとは友人と合流してここはひとつ、
すっかり定着した感の『名古屋めし』でも食べようではないか・・・!と。

ずっと食べたかった、有名店のひつまぶし。
1時間待っただけのことはあり、うみゃ〜です。
IMG_4487.jpg

調子に乗って食べ続けます。

定番の味噌カツ、手羽先、土手こんにゃく。
あまりの「濃い味」にちょっと涙目。
IMG_4500.jpg

締めはきしめん。つるっとな!
IMG_4501.jpg

モーニングはお約束の、あんこトースト。
IMG_4510.jpg

喫茶店に入った途端、友人が曰うた。
「実はあんこトーストはあまり好きじゃないんだよね・・・」
で、別注のあんかけスパゲティー・・・
IMG_4511.jpg

朝からこんなもん、食べていいんかいっ!(あかん、あかん)

新幹線乗車ギリギリまで食べるでよ〜。
熱々の味噌煮込みうどん。(でら、うみゃーー。)
IMG_4540.jpg

暫く、名古屋には行きません・・・
亡くなった叔父も天国できっと苦笑していることでしょう。

次回は、『名古屋お土産編』
お楽しみにっ!!

紀元節

2月11日 瀬藤万里絵

Emperor_Jimmu.jpg

今日は建国記念日。
日本の建国の歴史は、日本の紀元の準拠に倣えば
遥か2677年も前のことになり、その真偽は誰にもわからないのですが、
言葉豊かな歴史書が残り、こうして国の成り立ちや歴史に
思いを巡らせることが出来るのはいいことだな、と思います。

年が明けてからひと月があっという間に過ぎ、
もう2月も半ばにさし迫ろうとしています。
時間の流れの速さに戦慄しつつ、そろそろ
本格的に婚期の不安が頭の中を巡るこのごろ……
そろそろ私のスマホの先にも金の鵄が止まってくれないものでしょうか。

商品紹介!

店頭はただいま色彩をテーマにした紅茶フェアーでカラフルに彩られていますが、
そんななか、地下のオークフロアに先日そっと仲間入りし、
その重厚な出で立ちで圧倒的存在感を放つアンティーク家具をご紹介致します。

さて、こちら。
一見、古風なオルガンのような…中世の鍵盤楽器を連想させますが。
image6.jpg

しかし実は、、、ビューローなのです。
image2.jpg

風格ある佇まいは、どことなく「ストイック」という言葉が似合いそうな印象です。
フラップ式の扉を開くと、たっぷりの収納スペースと
美しいアンティークターコイズ色のレザーが。こちらのレザーも英国製です。
image5.jpg

こちらも開いて中に収納が可能です。
蓋を開ければ開けるほど実に真面目なビューローです…
image9.jpg

image10.jpg

そしてご推察のこととは思いますが、
勿論下の扉を開けると、こちらも抜群の収納力。
image8.jpg

真面目な仕事ぶりに、この包容力とは、「格好いい」の一言に尽きます。
個人的には、このモールディングがたまらなく好きです。
image7.jpg

こちらの意匠も主張しすぎず、それでいて美しく、見ていて飽きません。
image4.jpg

写真ではお伝えしきれませんが、
実際にご覧になるととてもどっしりと荘厳な存在感があります。
是非店頭にてお確かめくださいませ。

こちらの品の紹介ページはこちらです。

紅茶のお供は

2月10日 土田麦菜

毎日紅茶を眺めていると、無性にスコーンが食べたくなります。
紅茶といえばスコーン、スコーンといえばクロテッドクリーム。

パンでもない、スコーンだから合う特別な組み合わせですね。




こちらは英コッテージライトのクロテッドクリーム。
常温で保管もでき、日持ちもしてなおかつ美味しい!

ふわっと軽い口どけと、濃厚なミルクの香りがクセになります。
開封したら賞味期限が5日ほどになりますが、一瓶くらいならペロリです。

闇風呂

2月9日 須田涼子

闇風呂ってご存知ですか?

その名の通り、湯船に40度位のお湯を張って電気を消し、
真っ暗な中でお風呂に入るのことなのですが、
ちょっと前からハマっています。

目を瞑って10分位温まると、目の疲れが取れますし、
明るい中で入るよりもリラックスして、気持ちが良い。。
気持ちが良すぎて眠らないように注意です。
それから、暗いので転ばない様に。

ここ最近は、暗い中でキャンドルを灯して入るという、
恥ずかしながら女子らしい事をしていますが、
キャンドルの灯りがゆらゆら、更にリラックスします、

機会がありましたら、是非お試し下さい。

Yamiburo

アフタヌーンティー

2月7日 前川結

ジェオグラフィカでは只今紅茶フェアー『Tea Time in Colours』を開催中!
そんな店内に毎日いると、自宅で優雅なティータイムを楽しみたいのはもちろんのこと、
アフタヌーンティーにも行きたい気持ちが高まります。
そこで横浜のホテルニューグランドへ。

20170207afternoontea01.jpg

20170207afternoontea02.jpg 20170207afternoontea03.jpg

20170207afternoontea04.jpg 20170207afternoontea05.jpg

実は中華をたらふく食した後だったのですが。
よく食べた1日でした。

ジェオグラフィカではこの期間に特別なアイテムを多数ご用意しています!
ティーカップやティーポット、カトラリー、
美味しい紅茶やお菓子などに加えて、
ティータイムを彩る家具たちも幅広くご用意していますので、
是非お越しください!

スコーンセット

2月7日 重本景子

ジェオグラフィカの紅茶フェアーに連動して、
2階レストラン”イル・レヴァンテ”では午後2時から5時のティータイムの間、
スコーンセットがございます!

今年は新作スコーン、カマンベール&レーズンが登場!
そしてセットの紅茶は選べる種類が多くなります。
ダージリンやアールグレイ等定番から、オリジナルブレンドまで。

目黒通りでのお買い物、お散歩のときには
ぜひ2階レストランへもお立ち寄り下さいね!

tflvIMG_1953.jpg

道案内 その3

2月6日 渡邊 光郎

インフルエンザ流行中でありますが、相変わらず駅から徒歩で元気に出社している僕です。
前の記事で紹介したゴルフクラブ向かいにはこんな風景が
222.jpg
懐かしい感じのいい通りです。

その先の丘を越えると
224.jpg

ワークマンとセブンイレブンがあります。
225.jpg

都筑区!!!!
226.jpg


本日はこの辺で!

道案内 google map 地図 (〒224-0042 神奈川県横浜市都筑区大熊町21番地)

空腹時注意



2月6日 萩谷優

ただいま好評開催中のティーフェアー2017
見るからに美味しそうなお菓子がたくさん…
夕方の空腹時に見てしまうとより空腹になってしまいます。

職人の手跡。

2月5日 中島寛隆

お久しぶりです。
年が明けて、すでに1ヶ月が過ぎましたね。
飲み過ぎ食べ過ぎで崩した体調は整いましたか?予定外の散財が多かった方、先月は乗り切れましたでしょうか?増えたもの、減ったもの、多々あるとは思いますが、皆様は如何お過ごしですか?
私はお休み中も動いてばかりで身体も財布も軽くなり、幸い?体調だけは整っています‼

さて、今回ご紹介するのは作業中に面白いものを見つけた、こちらの商品です。

ナーシングチェア
写真はすでにシートも剥がし、木工、塗装作業を終えたものです。

アンティークのチェアには木材の接合部がグラグラになっている物が多々あります。そのグラつきを無くす為にそれぞれの部材を外し、再度組み直し接着剤で接合部を固着させる必要があります。


このように以前私が紹介したロッキングチェアと同様に接着剤が固着する間はハタガネやクランプという道具で部材を押さえておかなければなりません。
しかし、このチェアには曲がっている部材が多く使用されている為、ハタガネで上手く押さえられない所があります。クランプやハタガネを駆使し背もたれや座面の部材をしっかりと押さえなけれはなりません。

背もたれはクランプと木っ端でハタガネを掛けられるようにします。では座面は?わかりますか?シートが被ってしまうところなのでハタガネを掛けられるように材に切り込みが入っています。

このチェアを作った職人が組み立てる為だけに切り込みを入れ、使用後には埋め木を施していました。

そんな事を考えてながら作業をしていると当時の職人と繋がれたような、不思議な気持ちになります。この世にはいない方々に学ぶ毎日です。

鼻うがい

2月4日 岡田明美

早くもやってまいりました・・・スギ花粉の季節が!

発症から既に20年以上、年々軽くなっている気がしております。
ですが、今年は症状が出ておりまして、、、
焦って薬など飲み始めましたが、鼻炎の友人から勧められた『鼻うがい』を
始めたところ、調子いいです!!

今年はこれで乗り切ります!!
IMG_4465.jpg

敢えてのパッケージ画像ですが、ノズルがにゅーんと付いていて
何気に「あー、はいはいそこを鼻に入れて・・・」とリアルな本体でして
更には使用中の姿は誰にも決して見られてはならないのです。。。

魚派

2月4日 瀬藤万里絵

そういえば昨日は節分でしたが、久々に鰯を食べなかったなあ……と、
光り物好きの私は豆撒きよりそんなことを気にしてしまいました。
皆様は追儺は完璧でしょうか?

肉よりも魚派、と兼ねてより豪語しているのですが、
最近また美味しいお魚が食べたくて仕方ありません。
特に新鮮なシマアジ。
そしてこの頃は、グルクンというのが気になっています。

ひとまずは、前に食べた回るお寿司の写真を見て気を鎮めておきます……
よろしければお魚の美味しいお店などご存知でしたらお教えくださいね!

20170204093421338.jpg

商品紹介!

candle stand1

昨日は入荷の日!
家具の他に、キャンドルスタンドなどの小物も沢山入荷しております。
その中から、食卓やサイドボードの上などにあるとグッと雰囲気が増す、木のキャンドルスタンドをご紹介します。



candle stand2
cs5cs2

色が気持ち濃いめのこちらのキャンドルスタンドは、
シンプルなコラムとツイストのバランスが面白い1点です。
612-P-0158 キャンドルスタンドペア


candle stand4
cs4cs3

こちらのキャンドルスタンドが、ちょっと明るめのお色み。
プク〜としたフォルムがなんとも言えずが愛らしいです。
612-P-0169 キャンドルスタンドペア


candle stand5
candle stand 6

異素材ミックスのものも多数入荷しております!
全体が木のものとはまたちょっと違って、個性的で目を引きます。
612-P-0166 キャンドルスタンドペア


candle stand3
cs5

こちらは定番のツイストのキャンドルスタンド。
背が高めで全体のバランスが良いですね。飽きが来ず長くお楽しみ頂けます。
609-M-0161 キャンドルスタンドペア


ご紹介した他にもキャンドルスタンドは、沢山、沢山、沢山入荷しております!
是非、実物をご覧にご来店くださいませ。

横尾さん

2月3日 土田麦菜

2/10まで渋谷のDIESELで、横尾忠則POP UP STOREが限定オープンしてました。

このヴィヴィッドな配色…たまりません。
個人的には次の五輪ポスターとか手がけて欲しかったです。


北欧紅茶

2月2日 須田涼子

毎年恒例の紅茶フェアー、好評開催中です!
本日は、数ある紅茶の中から「北欧紅茶」のセーデルブレンドをご紹介。

紅茶といえば英国!のイメージで、
ジェオグラフィカでも、英国の紅茶ブランドを中心に取り揃えているのですが、
北欧紅茶はスウェーデン出身。

フレーバーティーが多いのですが、中でも人気の商品がこちらのセーデルブレンド。

北欧紅茶

12月に開催されるノーベル賞の晩餐会で振舞われている紅茶です。
セイロン紅茶をベースに、マリーゴールド、オレンジピール、ヤグルマギクなどのお花がブレンドされています。
甘い香りがとってもよくて、味も深みとコクがあって美味しいです。

100gのリーフ缶は、ストックホルムのお店のプリントで、
可愛らしい。。

あまりお取り扱いしている店舗が無いようなので、
ぜひこの機会にお試し下さい!

年末年始の連休。故郷でのひと時のホトトギス。

2月2日 佐藤大文

こんにちわ。早速一年の1/12が終わりましたね。ところで正月休みが恋しいですね。そんなぐうたら癖がまだ残っている方は節分に豆を食べ散らかして自分の中の悪い鬼を飼い慣らしましょう。精神のコントロールですね。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。やっと冬らしい寒さと春のような陽気がせめぎ合っておりますが、この大事な時期。お体にはお気をつけ下さい。現在倉庫スタッフは店頭に陳列するための在庫を順次スタンバイしております。是非目黒ショップにお立ち寄りくださいませ。
さて、先日お話した私の故郷での小話でもしたいと思います。

IMG_2503_20170201220553751.jpg 連休を頂いた時には必ず帰ります。私は東海地方の人間です。
 新東名を使えば何のその、ぶっ通しで4時間ちょいで帰れます。

 年末には必ず交流の深かった友人達と楽しく杯を酌み交わします。 職種が異なれど、それぞれ違った日々の話は不思議と私に原動力をくれる気がします。驚いた事に、夕飯後の喫茶店で偶然にも小・中学時代の同級生達にも出くわし、思いがけぬ再会も果たしました。
 
 本当に何年経ってもこうして笑い合える人間関係というものがありがたいと思えるのは自分が思った以上に歳を食ったと言うことなのでしょうか。

ちなみにこの駅はローカル線の無人駅。20年間、私を町から外へ運び出してくれた地元民にとって大切なライフラインです。数年前にディーゼルから電車へ変わりましたが…。




IMG_2501_20170201220552316.jpg この風景を見る度、辛く厳しく、不安と期待と楽しさを胸に毎日を過ごしていた頃を思い出します。
「何者でもなかった自分に帰れる場所」がここにありました。その確かさを胸に再び故郷に背を向け横浜に戻りました。
連休の半分は実家に、また半分は横浜で過ごすのが自分の規則です。一つのケーキを二日掛けて半分ずつ食べるが如くです。

で、他に何をしていたかというと名古屋の街を徘徊し、あらゆる方向へ車を流し、あんまりのんびりしていた覚えはなかったです。
時間の使い方が本当にヘタなのは罪ですね。反省します。

今年の抱負は手仕事に従事する者らしい成果物を、個人的に一つでもやり遂げてみたいですね。独学でもそういった行動を意識してこの一年を過ごしたいと思います。


次回は全剥アイテムのビフォーアフターを紹介します。
それではまた。

1 (13)





塗装完了!

2月2日 戸田勝光

1月27日の記事で欠損箇所の材足しで紹介していたアイテムの塗装が完了しました!

オイルステインと顔料を使って色を合わせ、ニスで光沢の質感を合わせました。


IMG_3717.jpg

どこを足したかわからない仕上がりになりました!
是非、仕上がり前の画像と比較してみてください!

スコーン入荷!

2月1日 前川結

年明けからもう1ヶ月が経ったとは。
今日から2月です。

ジェオグラフィカでは只今紅茶フェアーを開催中です。
『Tea Time in Colours あったか紅茶フェアー2017』

Hampstead Tea Roomのスコーンが入荷しました!
20170201sc01.jpg

宮城県仙台市にお店を構えるハムステッドティールームさんは
小関由美さんオススメの英国紅茶専門店です。
スコーンは毎年レシピを研究し更新されているそうで、
ジェオグラフィカスタッフ間でも毎回話題のお品です。
期間が短いですが2月3日(明後日!)まで、限定数での販売、早い者勝ちです!


そしてこちらも毎年恒例、
ジェオグラフィカ2階に併設のイタリアンカフェレストラン
『IL LEVANTE』もオリジナルスコーンをご用意していますよ!

今年は新作の“カマンベール&レーズン”が登場!
20170201sc02.jpg

店頭販売に加え、
レストラン店内では自家製クロテッドクリーム、ブルーベリー&ストロベリージャム添えで
お召し上がりいただけます。
期間限定の種類豊富な紅茶と共にどうぞ。
(14~17時限定)

どちらもお見逃しなく!
プロフィール

GEOGRAPHICA

Author:GEOGRAPHICA
目黒通りのアンティークショップ・ジェオグラフィカの
スタッフによるBLOGです。

ジェオグラフィカ・ホームページはこちら
http://www.geographica.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク