9月30日 萩谷優


娘の机です。
比較的片付いている状態です。
ドアの向こうに見えるのは投げ捨てられたランドセルです。
事あるごとに整理整頓を心がけるよう指導していますが、
一向に改善の兆しが見られません。

IMG_1470.jpg
もう一人の娘の机です。
特に片付いているわけではなく、普通の状態です。
彼女には特に整理整頓について指導をした覚えはありません。

違うからこそ面白い、
ということで良いかなと思っています。

目黒の神輿

9月29日 渡邊 宣正

今月2度目のお届けは、ブックケースをご近所のお客様へ。
大きくて重いので、デリバリースタッフと3人で配達しました。

お届けに立ち会うといつも思うのですが、
家具はお客様のお宅に届くと生き生きしているんですよね。
店で見る時とは違って表情が明るくなったような印象。
家具が家具として、道具として使われる事に安心したようにも見えます。
お買い上げいただいてよかった。改めて、ありがとうございます。と思う瞬間です。

さて、お届けのあと。
帰り道で出会った子供神輿。いいですねー秋祭り。
中目黒の八幡さまの例大祭だそうです。
秋晴れの青空、爽やかな空気の中に祭りの風景はとてもよく似合う。
ワクワク楽しくて、胸のあたりがチリチリと少し哀愁、懐かしさもあります。

早起きして家具のお届けと秋祭り。
まだ昼前ですが、これはたいへんな充実ぶり、満足感。
今日はこの後これ以上、僕は何をしたらよいのだろう。

R6184309.jpg

コンセプトストア

9月28日朝岡工晴


あまり行くことがない某チェーン店のカフェですが、

ここのロケーションは最高でした。
IMG_0812_convert_20140924125230.jpg


目の前の広い池、水際ギリのベンチがなかなかいい。
IMG_0824_convert_20140924125342.jpg


IMG_0820_convert_20140924125250.jpg

程良い距離感がとても素晴らしい。
IMG_0631_convert_20140924125208.jpg

new shoes

9月27日 前川結

すっかり秋の陽気で、
夏の気怠さから一転、体が活動し始める気配…

そんなところで靴を新調。
ツヤツヤの革靴を。
いつもついつい黒ばかりなので、茶系が欲しかったのです。
はじめは固いのではやく馴染ませて活躍させたいです。
芸術の秋は外出がきっと多いはず!

pertinikutsu.jpg

無駄な努力?

9月26日 岡田明美

558440711d533a74e0cd2d2460c338e8_s.jpg
天高く、オカダ肥える秋。

ヤバイヤバイヤバイ・・・
あと4日で健康診断。

一応、無駄な努力中!!
furugula.jpg

スノーアイス

9月25日 西家翔

先日スノーアイスというものを初めて食べました。

20140925

見た目もすごいですが、ボリューム感もすごい!
アイスの下にはミルクを氷にした雪状の細かいカキ氷が目一杯!
食べてみると意外と量を感じないのはなぜ?

万華鏡展

9月24日 須田涼子

先日、渋谷のBunkamuraで開催されていた万華鏡展を観に行きました。
無料で入れて販売もしているということで、
決して広くはないスペースに沢山の人が集まっていました。

私の万華鏡のイメージは、
筒を回して中のビーズがカチッカチッと形を成して行くもののままで止まっていますが、
最近の万華鏡はオイルを入れたものや、スワロフスキーのものなど、
様々な種類がありとても驚きました。
オイルで作られているものは、一度回転させると暫く放っておいても動き続け、
動き方も映像のように滑らかで綺麗でした。
スワロフスキーで作られたオルゴールが回転する事によって、見え方が変化する万華鏡もあり、
オブジェとして置いても可愛らしいなあと感じました。
もちろん昔ながらの万華鏡もあり、面白かったです。

140912_mangekyo_pic1.jpg

パーティション

9月23日 重本景子

本日はパーティションのご紹介!
IMG_6587_convert_20140922205712.jpg

今回は背の高い方を見てみましょう。
1910年代のマホガニーのパーティションです。
商品番号 311-S-163
サイズ W1,530 H1,840
432,000円
フレームの造りが繊細です。ガラスに細い曲線が美しいですね。
20140904175528_3_311-S-0163_IMG_6248.jpg20140904175528_2_311-S-0163_IMG_6249.jpg

表面は、1864年W.モリスデザインのフルーツのクロスを使用。
地のブルーが光沢のある鮮やかな特別色バージョンです!
デザイン化しながらもいきいきした自然をとらえたデザインが、モリスの魅力ですね。

IMG_6744.jpg

お気に入り



9月22日 萩谷優

現在開催中のモリスフェア、
私のお気に入りはこのテーブルスタンドです。

大きめのサイズとツイストの切れが好みです。



目黒のパン

9月21日 渡邊 宣正

目黒通り沿いのパン屋さん、Marueiさん。
ジェオグラフィカのご近所、歩いて3分。

昼食にいただきました。
コンビーフサンドが好きですね。
ドーナツはおやつ。

R6184272.jpg

続編

9月20日朝岡工晴

数年前に刊行され、未だに根強い人気の一冊。
IMG_0770_convert_20140917095112.jpg


そして、最近出たその続編となるヨーロッパ編。
前作同様とても面白く楽しめました。
購入を迷っていたら、一時期だけ店頭価格の1/3の価格になったので、
その時に迷わず購入したのですが、、 あの価格はなんだったんだろう。。
今は元の価格に戻っているようですが。
IMG_0769_convert_20140917095020.jpg

有名なこの家の写真をみると 終の住処 という言葉がいつも浮かんできて
いろいろと考えさせられます。
IMG_0771_convert_20140917095133.jpg

本も素敵。

9月19日 岡田明美

『モリス・フェア』も残す所あと10日!
アンティーク&イギリス好きならぜひともお部屋に使って頂きたいモリスのファブリックですが
取り入れるのが難しいなら、こちらの書籍をお薦めします!

m_book1.jpg
ウィリアム・モリス〜クラシカルで美しいパターンとデザイン〜
解説・監修 海野弘(税込¥3,024)

m_book2.jpg
モリスの代表的なテキスタイルや壁紙、絵本の挿絵などがそれぞれの解説とともに。
ソフトカバーながら、とても美しい装丁なのです。これで¥3,000は価値あり!と、
「紙もの好き」な私は声を大にしておきます。

観覧車

9月18日 西家翔

先日ラクーアの観覧車に乗って来ました。

20140918

世界初のセンターレス観覧車!
どうやって回ってるのかと思えば、リングの外側にレールがあってそこをゴンドラが回ってるんですね。

20140918-2

大観覧車に比べれば低いとは言われますが、それでも高い!
ちょっと怖かったです。

Rope

9月17日 須田涼子

201409170824386c2.jpg

最近、アルフレッド・ヒッチコック監督の映画を見始めました。
先日観たのは「ロープ」
完全犯罪を遂行することで自分たちの優越性を立証しようという、
実際にあった事件を元にしたお話です。

ヒッチコックが初めてカラーで撮影したというこの映画は、
映画の中と実際の時間が同時に進むところが特徴的です。
撮影用のフィルムだと長回しができないので、
背中などを大写しにしてカットをつないだそうです。
マニアの間ではどこでカットをつないでいるか探すのも、
ひとつの楽しみになっているみたいですね。

時間が同時進していると、
ハラハラドキドキする気持ちが、倍増する感じがしました。
面白かったです。



お気に入り

9月16日 前川結

William Morris -Gardener in the living-で、私の一番のお気に入りはこちらです。

morrispart1_convert_20140916021637.jpg morrispart2_convert_20140916021703.jpg

308-Q-520 パーテーション
材質/マホガニー材
年代/1900年代
サイズ/920×1,120mm
価格/302,400円

小振りでいて、細部まで行き届いた意匠が美しいパーテーションです。
このサイズ感だけでも魅力的なのに、繊細な彫刻やプリーツの生地使いや、、、

morrispart3_convert_20140916021727.jpg

何よりも、モリスアーカイブコレクションの壁紙!
『鳥とザクロ』Bird & Pomegranate(1926)
モリス商会が出した最後のパターン壁紙だそうです。

morrispart4_convert_20140916021826.jpg morrispart5_convert_20140916021853.jpg

この質感、色合い、デザインされた植物や鳥の表情。
素敵ですね。

Willow Bough

9月15日 重本景子

店頭入ってすぐに目に入ってくるのは、1900年代のマホガニーのソファセット!
モリスの柄でも人気の"Willow Bough"の生地で張っております。
緑色はよく見かけますが、今回はマホガニーに良く合う色味で
赤い濃淡が美しい柳の枝です。

IMG_6536_convert_20140914171806.jpg

”Willow”はモリスが1874年にデザインしていますが、それを再び取り上げて新しい感覚で復活させたのが、
1887年の”Willow Bough”。地が無地になり、軸になる枝が左右に揺れながら連続して上昇していきます。
揺れる柳の雰囲気が出ていますね。

商品番号 407-W-310
サイズ W1,440 D670 H970 SH350
523,800円
マホガニーの艶とインレイが美しいです。

20140828162115_1_407-W-0310_IMG_6077.jpg
20140828162115_3_407-W-0310_IMG_6079.jpg

アームチェアーは2脚ございます。
商品番号 407-W-311
サイズ W580 D580 H770 SH350
1脚194,400円
細身ながらも、ぐるっと囲まれて身体が収まるので安定感があります。
20140828162255_1_407-W-0311_IMG_6083.jpg

ぜひ店頭で座り心地を試してみて下さいね!

もみじ



9月14日 萩谷優

ちょうど一年ほど前に頂いたもみじが結構大きくなっています。
この秋は色づくのを楽しんで来春植え替えたいと思います。

動植物を育てていると、自分含め皆見えない大きな力に生かされている
ということを実感し、謙虚な気持ちになりますね。

モリスの温かいランプシェード

9月13日 渡邊 宣正

R6184259.jpg

朝夕の心地よい涼風に、すこしずつ肌寒さを感じ始める頃。
室内の灯りにも、ほっとする温かさが欲しくなってきました。

開催中の「William Morris -Gardener in the living-」では、
モリスのファブリックを用いて製作したランプシェードも
数多くご用意いたしました。

自然の樹木や草花をモチーフにしたモリスのデザインは
灯りを透してさらに温かいです。

枝垂れ柳

9月12日 朝岡工晴

開業から80年近い歴史のあるクラシックホテル。
近年のリニューアルに伴い蘇ったライブラリー。
20140910204740117.jpg

歴史を感じさせる室内の壁紙に選ばれたのは、
モリスの代表的な作品の一つであるウィローパターンでした。
20140910204735048.jpg


思い出すのは、懐かしい地元の風景、
20140910204730977.jpg


お堀沿いで風になびく枝垂れ柳です。
201409102047325a9.jpg

ハンドメイド・クッション

9月11日 岡田明美

自宅ではアンティークチェアーを使っています。
アームチェアーだと奥行きが有るので背中にクッションは必須アイテムです。
そういう方、多いのでは?

現在開催中のモリスフェアーではモリスのファブリックで製作した
ハンドメイドのクッションがたくさん有ります!!
WMP1.jpgWMP2.jpg

そしてもう一つ、クッションのご紹介。
イギリスのアーティスト、Jan Consutantineさんのハンドメイドクッションです。
love.jpg
『UK感』満載のコンスタンティンさんのクッションは全て、ハンドメイド。
ロイヤルファミリーにも愛用されているそうです。
フエルト素材を使ったクッションは暖かみもあってこれからの季節にお薦めです。
ぜひ店頭でご覧になってくださいね!

20140902164144.jpg
写真提供:(株)キタマ





どんぐり

9月10日 西家翔

九月になり多少は涼しくなりましたが、まだまだ残暑が続いていますね。
毎日出勤時に汗でじっとりとしますが、風吹くと心地良かったりします。

そんな中、どんぐりを拾いました。

20140910

秋の訪れを感じますね。

Gardener in the living

9月9日 須田涼子

ジェオグラフィカで只今開催中のイベント「William Morris -Gardener in the living-
ご来店頂いたお客様にはとても好評で、嬉しい限りです。
モリスのデザインは一見すると、インテリアに取り入れるのが難しいような気がしますが、
どのデザインも深い色味で作られており、
また自然をモチーフにしているので、アンティーク家具に良く馴染みます。

私のお気に入りはこちらの一人掛けソファー。

写真 2写真

1Pソファー
406-W-0042
650 × 680 × 760 SH380
オーク材
¥280,800/一脚

モリスがデザインしたスクロールという生地が張ってあります。
この一人掛けソファーは、デザインが可愛らしいだけではなく、
座った時にピッタリと収まるサイズ感も良いです。

同じスクロールの壁紙で仕上げた小さくて可愛いキャビネットのご用意もございます!
このサイズでしたら、お部屋のワンポイントとして取りいれやすそうです。

写真 3写真 4

グラスキャビネット
407-W-0241
470 × 280 × 880+40
オーク材
¥135,000

他にもオススメの商品が沢山ございます。
是非ご来店下さいませ。

中秋の…

9月8日 前川結

山口土産に利休饅頭を頂きました。

rikyuumannjyuu.jpg
すごく小さいです。

和菓子で連想してしまうのですが
今日は十五夜。
今年は時期が早くてまだ夏の名残があり、
お月見にはまだまだという気がしてしまうのですが、
折角なので出来れば夜には綺麗な月が見たいです。
雲は消えてくれるでしょうか。
(ちなみに9月9日は今年最後のスーパームーンらしいのですが、
それも台風の影響で厳しそうです。)

ですが私は月が見えようが見えまいが、
お手軽な白玉でみたらし団子を作ろうかと思います。
甘党なのですが、何となく今日はみたらしが食べたい気分です。

ウィリアム・モリス

9月7日 重本景子

ジェオグラフィカの9月フェアは、
William Morris Gardener in the livingです。
モリスのファブリックを使ったアンティーク家具、照明、小物が多数入荷しております!

モリスの柄がたくさん、華やかに店内に溢れています。
アンティーク家具との相性はぴったり。

IMG_6372s.jpgIMG_6378s.jpg

IMG_6367s.jpgIMG_6374s.jpg

ジェオグラフィカのオリジナルベントウッドチェアーもモリスの柄で大変身!
背がバンブーのデザインのこちらのチェアー、木の塗装も黒ベースにエイジングの加工の特別仕様!!
なので、ファブリックの色や柄も引き立ちます。表情が変わりましたね。
背がダブルループのタイプもございます。

IMG_6362s.jpg

グラスキャビネットの内部も、華やかな柄にシックな色で落ち着きます。

IMG_6398s.jpg

他にもクッションや、

IMG_6382s.jpg

ファブリック小物もいろいろございます。
ぜひ、この機会にモリスの世界に触れてみて下さい!

蜘蛛巣城



9月6日 萩谷優

最近DVDで映画を良く観ています。
この間見た黒澤明監督の「蜘蛛巣城」はとても面白かったです。
これでもかと矢を射掛けるクライマックスが有名な作品ですが、
冒頭の騎馬のシーンも迫力満点です。おすすめ。

お届け

9月5日 渡辺 宣正



今日は朝からお客様のお宅へ、お買い上げいただいた家具のお届けです。

ジェオグラフィカのトラック、2t車に乗って。

行ってきます。

ガラスの家

9月4日 朝岡工晴
開催中のこちらの展示会を観てきました。
画像4F


建築家ピエールシャローとガラスの家





以前に建築のDVDでこの建物の映像をみてから、
ガラスの家の写真集は、ここ数年の間欲しいものリストに入りっぱなし。
改めて欲しくなりましたが、お値段もなかなかのもので、、まだ当分リストの中でしょうね。
今回の展示会で、彼が英キャビネットメーカーのギローズ社で働いていたことは初めて知りました。

遅ればせながらのマイブーム

9月3日 岡田明美

流行りもの<結構好き。

某CAFEで食べた「塩レモンチキン」が美味しかったので
『ははー、これが巷に溢れてる塩レモン味か!!』という事で、
早速作ってみました。

Salt.jpg
しかーし、最低でも一ヶ月は熟成させないと使えないらしく・・・
自家製「塩レモンチキン」はお預け〜〜

残念なので、代わりに買ってみた。

Lemon.jpg
甘、酸っぱ、塩っぱいのだろうか!?


カツカレー

9月2日 西家翔

みなさんはカツカレーの発祥をご存知でしょうか?
銀座にある『グリルスイス』という洋食屋さんが、当時常連客であったプロ野球選手の千葉茂さんにカレーライスにトンカツを乗せて欲しいという注文を受けた事で、初めてカツカレーというものを作ったらしいです。
あの栄養満点なボリューム感はアスリートの発想から生まれていると考えると納得。

20140902

1947年から守り続けて来た味を体験できる事に感動しながら、完食!
素朴な味わい!
元祖なだけあって、安心感のある店内と味でした。

FLOWER FAIRIES of the Trees

9月1日 須田涼子

家の近くの古本屋さんで、とてもかわいい妖精の本があったので思わず購入しました。

20140829231055319.jpg

Cicely Mary Barkerの『樹の花の妖精』
という本。

Cicely Mary Barkerはイギリスの挿絵画家で児童文学者でもあります。
彼女が描く妖精は花びらで作られたような衣装をまとった、
少年少女達が特徴ですが、
ぷくぷくとして愛らしい幼い子から少し大人びた表情の子までいて、見ていて飽きません。
作者の子供や自然への愛情が伝わってきてとても優しい気持ちになれます。

20140829231120eb5.jpg

私が買った古書は勿論新しくプリントされたものですが、
ジェオグラフィカにはオリジナルを額装したものを販売しています。

写真 2写真

店頭に飾ってある額絵の中でも人気の商品です。
毎回入荷する度に可愛いなぁと癒されます。
プロフィール

GEOGRAPHICA

Author:GEOGRAPHICA
目黒通りのアンティークショップ・ジェオグラフィカの
スタッフによるBLOGです。

ジェオグラフィカ・ホームページはこちら
http://www.geographica.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク