目黒のジュークボックス

 4月30日 渡邊 宣正
R6178267.jpg「英国アンティーク雑貨フェア」を開催中のジェオグラフィカですが、こちらの1枚の写真は、とても米国すごくアメリカンな、目黒通りで誰でも見る事が出来るジュークボックスであります。
ジュークボックスを見ると思い出すのは、幼い頃の連鎖する記憶です。それはボーリング場、レーン横のジュークボックスで、かかっている歌は、はしだのりひこ「はーなー嫁はー、夜汽車ーにのおって、嫁いーでえ行ーくのー」または、ちあきなおみの「喝采」。
匂いはボーリング場のあの機械オイルか、床のワックスか何か特有の匂い。
音はボールがあたりピンが倒れていく、投球者の緊張感とともに響く余韻のある大きな乾いた音。
光はピンボールのピカピカ、チカチカ。色いろいろのボール。
味は苦くて辛くて甘い、冷たーいコカコーラ。夏。
私の中の懐かしいアメリカな記憶です。

ジェオグラフィカでは「英国アンティーク雑貨フェア」開催中。

新入荷4/29

4月29日朝岡工晴

オリジナルのレザーソファーが入荷しました。
チェスターフィールドソファー。

フィリップ・チェスターフィールド卿が、
服のチェスターフィールドコートを生み出したことは良く知られていますが、
このソファーも、チェスターフィールド卿がデザインした、あるいは愛用していたから、
この名前で呼ばれるようになったという由来があるようです。

他をも圧倒するようなこの存在感。。
RIMG0463_convert_20120428180303.jpg
smokeと名付けられた、渋い色目のレザーは、とても落ち着いた雰囲気で、
重厚感のあるチェスターフィールドソファーにはぴったりの色目です。

RIMG0465_convert_20120428180334.jpg
RIMG0468_1_convert_20120428181909.jpg

イギリスを感じる家具は沢山ありますが、その由来からも特に印象的なソファーのひとつです。


8th Anniversary !!!

4月28日 岡田明美

いよいよゴールデンウィーク突入!

皆さんはどの様な連休を過ごしますか?

ジェオグラフィカは明日でオープンから8年目を迎えます。
今年のANNIVERSARY FAIRは、英国アンティーク雑貨をたくさん揃えました。
CIMG0001_convert_20120427205114.jpg
どどーんと吹抜けにユニオンジャック!

CIMG0004_convert_20120427210727.jpg
イギリスのパブカウンターも置いちゃいました。

CIMG0003_convert_20120427210835.jpg
とにかく「掘り出し物」満載です!

CIMG0002_convert_20120427210919.jpg
入口ではアンティークベアがお出迎えしまーす。



明日から!

4月27日 須田涼子

写真

いよいよ明日からBRITISH ZAKKA FAIRが始まります!
店内にはユニオンジャックが溢れ、英国好きの私はワクワクが止まりません。
普段お店には置いていない商品もあり、英国の雰囲気が更にアップ。
特に入口付近のバーカウンターは圧巻です…是非実物をご覧頂きたいと思います。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます!

14年目

4月26日 岡村明泰

IMG_20120425_223559.jpg

高校生の時に、初めてのバイト代で買った財布。
今年で使い続けて14年目です。

財布を替えないと金運が下がるとか。
でも使いやすく、愛着もあるので壊れるまでは替えないつもりです。

他にも10年以上着ている洋服や使っているキーホルダー。
気に入っているものや、何かしらのこだわりがあるものは
大切に長く使う性分のようです。

オーロラ姫

4月25日 前川結

デンマーク、レゴランドホテルのお土産にと、私の父が姪にプレゼントしたオモチャ。

ooorora.gif
オーロラ姫のお部屋セット。

とても気に入ってかわいがっていましたが、
姪には、一番お気に入りのお姫様であるシンデレラに見えるらしく、遊びながら延々シンデレラの曲を口ずさむ姿が面白い。
さらに面白いのは、赤ちゃんではないお姫様の、しかも手に握れる人形を「よーしよーし」と言いながら体をゆさぶりあやすように抱く様子。
近頃はだいぶ年上の小学生の男の子を見ながら愛おしそうに「かわいいねぇ...」と言ったりして、2歳足らずの母性本能恐るべしです。

こんぴらさん

4月24日 重本景子

金刀比羅宮のお土産に、お守りを頂きました。
新しいキャラクター、笑顔元気くんが刺繍されています。純真無垢な子供をイメージして
描かれているそうです。

見るとつい笑みがこぼれる、笑顔と元気、楽しく、そんな願いも込められているようです。
なるほど!!

Image526.jpg

SHIO



4月23日 萩谷優

なぜ「しお」なのか

目黒の鯉のぼり

 4月22日 渡邊 宣正

R6178195.jpg桜の花は散りまして、空には鯉が泳ぐ頃となりました。

下には子供達。
鯉の尻尾を捕まえようと、キャーキャーと飛び跳ねています。

いつまでも何度でも。

あなたも子供の頃の自分を思い出し、飛び跳ねてみたら良いのではないでしょうか。

4月21日朝岡工晴

少し前のことですが、、
2週続けてのLIVEを堪能しました。

染み入る、、


小ネタも効いていて、最高に楽しい !!素晴らしいSHOWでした。

そして 最近毎日聞いている

カップのクマさん

4月20日 岡田明美

友人の家に行ったら、カプチーノが出た。

・・・・・・・・。

『なに、これ』

「ちょっと教えてもらったらハマっちゃって・・やってみる?」

『やりません!!』

「意外とたのし~よぉ~」

ヒトはこうやって未知なる領域を拡げていくのか。
それにしたって、クマ!

可愛いじゃん。
写真_convert_20120419164047

wonderland

4月19日 須田涼子

2447851771_dd33c5f2f1_o.jpg

イギリスのアンティーク家具を扱うショップで働く私は、
イギリス好きな訳ですが、
イギリスに興味を持つきっかけになった理由の一つは映画です。

『ひかりのまち』

という映画。
日常の断片を切り取っただけのような映画の世界。
そこに映るロンドンの街の汚さを、
マイケル・ナイマンの音楽が浄化し、冴えない人々の生活にひかりを与えます。

とくに何かが劇的に変化する訳ではないのですが、
見終わった後にすごく良かったと思えるこの映画の、圧倒的なリアリティー。

この間、久しぶりにこの映画を観て、
また行きたくなりました。

ロンドン

4月18日 岡村明泰

IMG_20120417_223510.jpg

ちょうど20年前、ロンドンに旅行に行きました。

その時に買った、髪を触りながら願い事をすると叶うという人形。
なぜこのタイプを選んだのかは覚えていませんが、
今でも部屋に飾っています。

特別気に入っているわけでもないし、
この子のおかげで願いが叶った覚えはないけれど、
何となくしまう事も捨てる事もなく20年が経ちました。
でもいつか願いを叶えてくれるかもしれないので、
もうしばらく一緒にいようと思います。

20年前のロンドン旅行。
街の雰囲気に小学生ながら魅了されました。
一番よく覚えているのは、
飛行機酔いで大変だった事と、楽しいはずの旅行中に高熱を出して苦しかった事。
この人形を見ると思い出します。

またいつか訪れたい地の1つです。




GUNNE SAX

4月17日 前川結

近頃は、春らしい気分ゆえ
時間があればGUNNE SAXの洋服を探しに出掛けます。

GUNNE SAXは1970年代頃のアメリカのブランドですが、
ナチュラルロマンティックなコットン素材を使った、ヴィクトリアンスタイルのドレスがかわいい。

先日購入したのはベビーピンクのワンピース。
gunnesax.gif

部屋に飾っておくだけでもかわいいです。

桜シャーベット

4月16日 重本景子

桜の木には、すでに緑の葉がちらちら見え始め、1週間の速さに驚きます。
先日は、とてもきれいな満開の桜を見れて良かったです。いつもならこんなに長く歩けない!と思う距離でも、
桜を見ながらなら飽きずにずいぶんと歩けるものでした。

今は花びらがひらひら舞うのが美しく、見とれてしまいます。
シャーベットカラーという呼び名で素敵な春色をたくさん目にしますが、やはり薄ピンクが春色ナンバーワン
です。

Image525.jpg Image520.jpg


go drive

写真-1

4月15日 萩谷優

この季節、緑の風の中を走る事に無上の歓びを感じます。

ステンドグラス

4月14日 大曽根智子

ぽかぽかの春を迎えて
ファクトリーには半袖のスタッフも。
やっと動きやすくなって来ました。

さて、今日はステンドグラスの加工の
紹介をしたいと思います。

ファクトリーには様々なステンドグラスが入荷されています。

ステンド1


ステンド2


このステンド達をスクリーンに加工。

塗装前1


ステンドにマスキングテープをしっかり貼り、ペンキで塗装していきます。
塗装前2


仕上がりました

写真は少し暗いですが、
明るいアイボリー色です。
シンプルな間仕切りにしたり、
前にプランツスタンドを置いて
旬の寄せ植えを飾れば、
お部屋に素敵な春を演出できますね

塗装後



またダークで塗装されたものも

ダーク


私だったらどうやって飾るかな
どんな用途で使えるかな…と
考えることが作業中の楽しみでもあります。

もし、あなたがこのスクリーンを手にしたら、どうアレンジしますか?

目黒のイチョウ

 4月14日 渡邊 宣正

R6178175.jpgここ数日の暖かさが一転して、今日は冷たい雨の降る目黒ですが、目黒通りのイチョウの木は枝を伸ばし芽吹きはじめました。

とても小さいのですが、ちゃんとイチョウのあの形をした鮮やかな色の葉っぱです。優しく触ってみるとやわらかい。

日ごと成長していく様子を窓から眺めるのはこの季節の愉しみです。

4月13日朝岡工晴

個性的なアンティークフレームが入荷しました。
1910年代 オーク材のカーヴィングフレーム。

壁面のアクセントになる、とても存在感のあるフレームです。

330×400 \37,800
RIMG0433_1_convert_20120410185716.jpg
RIMG0433_convert_20120410185752.jpg


360×450 \37,800
RIMG0446_convert_20120410123853.jpg
RIMG0440_convert_20120410123934.jpg
縦横どちらでもご自由に御使いいただけます。

またも、花より団子?

4月12日 岡田明美

今年は京都で花見だぁーーー!!

鼻息も荒く乗り込みましたが、前日は日本列島に大嵐が!
京都には彪が降ったとかで、桜も遠慮?残念な感じ・・・
IMGP0955_convert_20120412015020.jpg
IMGP0993_convert_20120412021121.jpg

行く先々で「毎年この時期は満開なんですよ・・・」
と、言われましても・・・

ふっ、、、こうなったら!やっぱり!!
花より団子ですよね~~
せめて『お椀』の中の桜を愛で、
IMGP0995_convert_20120412015827.jpg

念願の『あぶり餅』を食し、
IMGP1010_convert_20120412020341.jpg

新幹線に乗り込む寸前まで食い倒れ、
「ま、これくらいで許してやるか!」と東京に帰って来たら
桜が満開でした・・・とさ。

勝負服

4月11日 須田涼子

勝負服

写真

かわいい犬の為に、兄がお土産を買ってきてくれました。
わが家では、服を着せてあげる習慣はあまり無いのですが、
春なので少しお洒落をさせて、
たくさんお散歩に連れて行きたいと思います。

脇道で発見

4月10日 岡村明泰

家の近くの長い商店街。
脇道に入ると、意外とまだ知らないお店がたくさんあります。

先日見つけたのは、自分好みのパン達がたくさん並ぶパン屋。
3、4人入るといっぱいになるこじんまりとしたお店ですが、
どれにしようか悩んでしまう程。

恐らく2人で切り盛りしているようです。
そんな忙しい中でも、丁寧に説明をしてくれる店員さんの人柄に触れ、
このお店の人気がある理由がわかったような気がしました。
もちろんおいしいかどうか、味や材料のこだわりはもちろんですが、
結局は人と人。
全てはそこから始まり、何かが生まれて行くのだと感じました。
DSC_0026-1.jpg

修理しました?

4月10日 栗田友克

P4030148.jpg

このブックケース、なんかおかしいです。

P4030149.jpg

これですね。脚です。
前後のデザインがバラバラで、取り付け方もめちゃくちゃです。
どうやら修理されているようですね。

活かせるところを活かしてこのブックケースに相応しい脚にしましょう。

P4040204.jpg

前脚を活かして、後脚はシンプルに角にして組み上げます。

P4040206.jpg

全体を仕上げて、扉の調整を済ませて木工作業終了です。

P4040208.jpg

そして、塗装すると

002.jpg

004.jpg

こうなります。

色、質感も合い、このブックケースに相応しい脚になりました。

ちゃんとした修理のされていないものって意外とあるんです。

sakura colour

4月9日 前川結

sakura sakura
やはり毎年毎年思うことは、桜が綺麗で。

sakura01.gif sakura02.gif

この季節には、繊細なフラワーモチーフを身に纏いたくなる。
col01.gif col02.gif col03.gif

昨日は桜を見に行く前に、髪にも桜色を少しプラスしました。
季節が変わると、心機一転したいような気にもなります。
今日はお部屋を模様替えしようかな。

花日和

4月8日 重本景子

ここ1週間で通勤路の桜がどんどん咲いています。
いったいいつになったら春が来るのか?と思っていた矢先、一気に春を感じることができました。
ついつい見とれたり、上を見上げてしまいますね。

そのような気候のせいか、花本を購入。種の話から草木、花、実にいたるまで季節毎に紹介されていて
見ごたえあり。種もかわいいんだなぁと気づいたら花以外のパーツにも目がいきます。

空を見上げて桜。地面を見てもたくさんの花。
花壇にもかわいい花がたくさん咲いていて新鮮な気持ちになります。

Image514.jpg

いろはにほへと



4月7日 萩谷優

入学式も無事終わりノルマを果たした感のある桜、
散り際の潔さが魅力ではありますが、もう少し観ていたい。

目黒のみかん

 4月6日 渡邊 宣正

R6177902.jpgジェオグラフィカの近くにも桜がないものかと、
通勤途中に探してみる。
いつもの路地を曲がったところに、

夏蜜柑。

大きな木に豊かな実をたくさんつけておりました。
桜を探していた眼には、橙色がとても鮮やかで、
桜のことは忘れて、しばらく見上げていました。

4月5日朝岡工晴

先日の嵐にも堪え、
朝日の中、美しく咲いた姿をみせてくれています。
RIMG0415_convert_20120405092707.jpg

RIMG0419_convert_20120405092349.jpg

リニューアルしました!

4月4日 岡田明美

ジェオグラフィカの本スタッフトークが
ほんのちょっぴり、リニューアルしました。

今週の記事から画像も拡大してご覧いただけます。
更なる楽しいページになるよう、スタッフ一同頑張ります!!

ではリニューアル記念!?の画像は・・・
やはり季節的にも華やかに『桜』と行きたかったのですが、
寒さ続きの気候で、東京の桜はまだまだ蕾も固い状態。

ま、桜がダメなら日本代表の景色と言えば・・・

写真_convert_20120402214936
FUJIYAMA

Dali

4月3日 須田涼子

偉人の名(迷)言集が好きです。

最近気になるのは、巨匠サルバドール・ダリの
"Each morning when I awake, I experience again a supreme pleasure-
that of being Salvador Dali."
(毎朝起きる度、サルバドール・ダリであるという最高の喜びを経験する。)

こんな事を鼻に花を挿して言ってみたいものです。

salvador_dali.jpg

青空

4月2日 岡村明泰

子供の頃、雲に乗れると思っていました。


最近お気に入りの場所から。
空を見上げると、青い空に白い雲。
風の暖かさに、春の訪れを感じました。

DSC_0016.jpeg

many many

4月1日 前川結

前回に続き、部屋にあるドイツの絵本が目に留まったのでご紹介。
ジェオグラフィカで買った、女の子の全身が表紙!の絵本。
振ると目が動くつくりで、目が合うとちょっとドキッとします。

maeno.gif

中身もすごくかわいいのですが、8ページという少ないページ数でありながら、脈絡の無い感じ、且つ展開が早いので
全くドイツ語が読めない私にとっては、勝手にいろいろ想像できて無限大絵本です。

naka_20120401012558.gif

裏表紙は後ろ姿という、これはかわいすぎでしょう。
ushirono.gif

ジェオグラフィカ1階奥の書籍コーナーは、古い洋書など掘り出し物が沢山ですよ!
プロフィール

GEOGRAPHICA

Author:GEOGRAPHICA
目黒通りのアンティークショップ・ジェオグラフィカの
スタッフによるBLOGです。

ジェオグラフィカ・ホームページはこちら
http://www.geographica.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク