紅葉

12月6日 萩谷優

目黒通りのイチョウもすっかり黄色くなりました。
落葉も多く、朝の掃き掃除が大変です。

IMG_3582.jpg

我が家のベランダもすっかり紅葉しました。
しかし綺麗に色づかせるのはなかなか難しく、、、
要研究ですね。

IMG_3583.jpg

この南天は割と早くから綺麗に赤くなっていました。
なんの具合なのか不思議です。

DALI展

12月5日 岡田明美

『天才になるには天才のふりをすればいい』

と言う名言を残した画家、サルバドール・ダリ。
国立新美術館で開催中の【ダリ展】へ行ってきました。

どんよりしたお天気でしたが、紅葉してました。
IMG_4177.jpg
IMG_4179.jpg

日本での回顧展としては10年振り、そして過去最大規模だということ。
チケット貰ったし、するっと行ってみようか・・・的な感じでしたが
イヤイヤ、見応えのある美術展です。
私の中でのダリは「ヒゲのヒト」のイメージですが、やはり天才というよりは
奇才という形容がぴったりだなと。。。

出口近くには『メイの部屋』なるものも出現、行列に並べば撮影できます!
(よくわからん・・・@心の声)
IMG_4182.jpgIMG_4183.jpg




クリスマスマーケット

12月4日 瀬藤万里絵

友人と、赤レンガのクリスマスマーケットへ行ってきました。
クリスマスマーケットといえば、ドイツで始まったヨーロッパのクリスマスイベント。
日本でも各所で行われていて、この時期になると、ついつい行きたくなってしまいます。
因みに横浜市は、ドイツのフランクフルト市と姉妹都市のようです。

DSC_1526.jpg

期間中は、雪を降らせる演出もあるようですが、
私たちが行った時には当たっておらず。
でも、雪がそこここに残っていて、雪だるまも作ってあったりでワクワクしました。
我々はついつい昼間っからお酒に手を出し…ホットワインもビールもとっても美味しかったです!

工具のご紹介

12月4日 石井康介

今回は木工作業では必ずと言える程、使用頻度の高い工具をご紹介いたします。

レコード社のハタガネ、クランプです。
これらは接着時に圧力をかけておくための工具です。


こちらのメーカーも家具に負けず歴史は古く創業は1898年との事・・・もちろんイギリス製です。
b2.jpg

椅子やテーブルなどしっかり固めたい時は必ず登場します。
b3.jpg

まだまだ接着用の工具だけでも他にもありますが、またの機会にご紹介できればと思います。

イルミネーション!

12月3日 土田麦菜

代々木公園のイルミネーションを見て来ました。
テーマは青の洞窟だそうで、ブルーライト一色に染まった木々が、
ズラ〜〜〜と並んでいる様子は圧巻です。

公園内は、余計なネオンや看板が入らないので、
夜空をキャンバスにイルミネーションが美しく映えていました。

お一人様には少し辛い空間でした。

IMG_8716.jpg

お好みで~

12月3日 栗田友克

グラスキャビネットの加工例を、ひとつご紹介いたします。

IMG_3469.jpgIMG_3470.jpg

こちらのグラスキャビネットは、背板が塗装の仕上げになっております。
これを今回の加工で、背板をミラーに

IMG_3471.jpgIMG_3472.jpg

これは、お客様のお好みで加工することになりました。

また、違う加工も出来ます。
例えば、背板をクロス張りにすることも可能ですし
棚板をガラスから、クロスへも出来ます。

加工の相談も、お気軽にスタッフへお尋ねください。
そして、自分好みのものにしてみてください。

きっと楽しいはずですよ~



スプーンリング

12月2日 須田涼子

早いものでもう12月!今年も残すところあと1ヶ月です。
師走の名の通り、慌ただしい毎日を過ごしているわけですが、
店内のクリスマスディスプレイにワクワクしながら、元気に日々を送っております。

先日はメルキュール骨董店さんが、商品の追加にお越し下さいました!
可愛い〜ものがいっぱいで、目移りしてしまいます。
その中から、見た目もお値段も(!)可愛いスプーンリングのご紹介。

spoon ring1

使い古されたスプーンの柄で作られたリング。
内側まで細かく細工が施してあって、可愛いです。

spoon ring2spoon ring3

ちょっとゴツメかしら。。と思われますが、中指や人差し指にはめてみると意外としっくり。
お値段も一つ3,000円とお手頃です。
男性向けのシンプルなタイプもございます。

spoon ring4

それぞれデザインが異なりますので、是非店頭でチェックして下さい!

商品紹介!

素朴な温かみのあるオーク材の家具が入荷しました!

まずは、ミラーバックサイドボード。
604-H-0062
bnaIMG_7876.jpg

一見シンプルなように見えますが、実は細部の彫刻が素晴らしい。
ミラー横の彫りもアクセントに、
かわいらいい花モチーフの連なりが可憐です。
ミラーと下の扉の縁はお揃い。
bnaIMG_7877.jpg bnaIMG_7883.jpg

笠木にも細かいお花が。
ふわりと優しい雰囲気を感じるサイドボードですね。
bnaIMG_7879.jpg

そして、ハイバックのオークチェアー6脚も入荷しました。
604-H-0045
bnaIMG_7886.jpg

ハイバックはやはり背のデザインがポイント。
しっかりとしたボリュームにオークらしい重厚感があります。
bnaIMG_7887.jpg

大きめのダイニングテーブルにもお使い頂ける6脚。
背が程よく見えるのでバランスも美しい。いかがでしょうか?
bnaIMG_7889.jpg

オーク材の中にも様々な質感、雰囲気のバリエーションがございますので
ぜひ店頭でいろいろ見比べてみて下さいね!

ジェオグラフィカのクリスマス

12月1日 前川結

本日より12月突入です!
師走というくらいなので年末に近付くにつれ、慌ただしい日々の方も多いかと思いますが、
華やぐ街に取り残されることなくクリスマス気分も楽しみたいところ。

まだクリスマス気分を味わっていないという方、
ジェオグラフィカへ是非遊びに来てください!

今年のテーマは『天文学者のクリスマス』ということで、
メルキュール骨董店を迎え、
天文アンティークも色々とご用意しております。

こちらはお探しの方も多い、
1900年頃イギリス製の星座早見盤。
中でもこちらは状態がかなり良く、なかなか見つからないようなお品です。
前々からお探しの方も、是非ご覧になってください。これがあればご満足されるはず!
知的且つ夢があり、天体ファンでなくとも欲しくなるような格好良さです。

20161201xmas04.jpg 20161201xmas05.jpg


星図、天体図、
星座、惑星、皆既月食など天体関連のアンティークプリントも様々にございますので
額装を施せば更に、かなり格好良くなりそうです。

20161201xmas01.jpg

20161201xmas02.jpg

上の画像中央部の書籍は表紙もさることながら、
中もそれぞれのページが額装したくなるような
天体にまつわるあれこれがみっちり。
手元に置いておきたくなります。

20161201xmas06.jpg 20161201xmas07.jpg

その他にも色々な雑貨が増えました!

20161201xmas03.jpg


こちらはタンタロススタンドという、ウイスキー用キャビネット。
なんと贅沢なのでしょう。
雰囲気があって、本当に素敵です。
タンタロスとは、ギリシャ神話からの由来で(以下略)
蓋を開けないとボトルが取れないという仕組みになっています。
下段にはゲームが入っていて、贅沢な大人の時間を想像させます。

20161201xmas08.jpg 20161201xmas09.jpg


スタンプのセット。
装飾文字など美しいタイポグラフィにケースも味わい深いです。

20161201xmas10.jpg 20161201xmas11.jpg

これは実用性はあまりありませんが個人的にもとても欲しい
ヴィクトリアンの砂時計。
約1時間ということでゆったりとした古の時間を想像させる、
これまたストーリー性を感じるお品。
美しいですね。

20161201xmas12.jpg 20161201xmas13.jpg

クリスマスの為にスペシャルな品々をご用意しておりますので
皆様のお越しをお待ちしております。

パイン家具 ~実践編~

11月30日 駒田 宜之

先月パインの家具に使用する塗装材料のお話をしましたが、今回は作業工程のご紹介をします。

IMG_3109.jpg
作業をするのはこちらのテーブルです。

IMG_3111.jpg
作業前の天板の状態です。
オリジナルの下地がしっかりしているので、サンディングの工程は省きます。

IMG_3112.jpgIMG_3113.jpg
先月ご紹介したブライワックスを付けたスチールウールで摺り込む様に塗布します。
IMG_3115.jpg
まんべんなく塗布した後、ブラシを使って磨き上げ、
IMG_3117.jpg
さらにウエスで磨き上げると、
IMG_3118.jpg
このように、綺麗な光沢が蘇ります。
工程自体は単純でどなたでも行えると思います。
ただし、この磨き上げの作業は想像以上に体力を使います。
また、拭き残しがあると衣類に付着することがあるので注意して下さい。

IMG_3110.jpgIMG_3119.jpg
パインの家具は、見た目ももちろんですが、実際に触れた感触でも温かみを頂けると思います。
お手入れもしやすく、愛着を持ってお使いいただける家具の一つではないでしょうか。


英国の朝食

11月30日 重本景子

先日、世界の朝ごはんが食べられるカフェに行きました。
海外の街角にありそうな雰囲気で内装もとてもかわいかったです。
今月はイギリスの朝ごはんがテーマ。
あのたっぷり食べられるイングリッシュブレックファストですね。
久しぶりに食べたので、あ〜この味!と、
記憶を刺激される懐かしさがありました。

あの定番具材の中ではキノコとソーセージが好きで、
必ず添えてある豆のトマト煮があまり好きではなかったのですが、
ソースをかけると美味しいことを今更知りました。
誰もが知っている組み合わせだったのでしょうか。。。
小さな発見が嬉しかったです。

20161128ebDSC_0328.jpg

良い買い物



11月29日 萩谷優

良いなと思っていたアプリを買いました。

定価を払う価値は十分にあるのですが、
たまにすごく安くなることを知っていたので狙っていました。
それにしても93%OFFってすごいですね。ラッキーでした。

UKミント

11月28日 岡田明美

お取引先の方からクリスマスモードのお菓子を頂きました。

サンタクロース・ミント(スマホケースではないですよ)
IMG_4228.jpg

ミントがユニオンジャック!!
IMG_4227.jpg

おまけはピンクなベアーのクッキー。
これがちゃんとラズベリー味で美味しかった〜〜
IMG_4225.jpg

すっかりクリスマス気分、今年のイブは土曜日!クリスマスは日曜日!!
さぁ、お仕事しましょーーーー。

渾身の落がk…。

11月28日 佐藤大文

ご無沙汰でした。無事、港北倉庫セールが終了し残すところ今年も一ヶ月となりました。ご来店下さった方々、誠に有難う御座いました。セールに向けての多忙な作業内容満載の日々でブログの更新がお留守になりましたが、取り返す勢いで更新を再開したいと思います。

さて早速ですが、ウォールナットのシュバルミラーです。ミラーフレームの上部がまるで小動物の耳のような愛らしさを感じるデザインですが一見すると普通のコンディションのアイテムに見えます。しかし、塗装の観点から言えば凄まじい違和感を醸し出しているアイテムなのです。即答すると、これは「木目描き」がぎっしりされています。一見して理解された方は良い観察眼をお持ちだと思います。是非一緒に働きましょう。

IMG_3423.jpgIMG_3424.jpgIMG_3425.jpg

それはそうと、これは決して珍しくはありません。入荷してきた家具の何点かは木目を強調させて材質の雰囲気を出したいが為にこのような木目描きを施されているものがあります。過去に作業した誰かの意思なのか、それとも作った職人さんがお客さんの意向でやむなく施したのかはわかりませんが… 特に、ウォールナット材のアイテムに関してはこの傾向が強く出ています。

ウォールナットと言えばまるでマーブル模様を彷彿とさせるコブの杢目が特徴の材です。上質な家具であるほど杢が詰まった材をふんだんに使った、凝視が止まらなくなるほど美しい天板などを見かける機会もあります。しかし中にはいかなる理由があってか、異種材をウォールナット風に木目描きで強引に風合いを出そうと試みたアイテムにも遭遇したりします。詐欺です。

ウォールナット材の家具はコンディションによっては作業者泣かせでもあるのです。白木地からまるで水墨画のような木目を描いた強者もいるらしいです。

大体の場合、顔料で木目は描かれている場合が多いです。木地に直接描かれてない場合の多くはペイントシンナーかアルコールをスチールウールに含ませて擦る事で除去が可能です。こんな具合に。
マスオさんが叩き売りから高額プライスで買ったボーダー模様のスイカを氷水で冷やすと水性絵の具が溶けて無事 普通のスイカに元通りみたいな話がサザエさんでありましたね。

ちなみにわかりづらいですが帆立台の貫部分と前脚にも木目が描かれています。面白い事に、描かれている部分は正面から見える部分だけで、背面や後足には描かれていません。

こうやって剥がすと何の変哲もない材質です。確かに見目素っ気無いのはわかりますが、素材ってのはありのままがいいんです。これだけでもニスの光沢が出ればより上質な雰囲気が出るものです。これでいいのだ。

IMG_3432.jpgIMG_3430.jpg

アンティーク家具は我々の手元に来るまで、どのような人間によって修復あるいは手を加えられたかわかりません。大体が素人による犯行…もとい、施工がされた様相が多く見られます。しかし、いかなる職人の手によって加えられた木目も、自然が生み出す不規則な美術には到底適わない事を我々は身をもって知るのです。

手作業しか知らない当時の職人達は現代の職人達よりも自然の偉大さを嫌と言うほど職人魂に刻み付けられたのではないでしょうか。それあってのアンティーク英国家具とも言えるでしょう。私見ですが。
このアイテムの仕上がりは後日お披露目いたします。しばらくお待ちください。

思い起こせばいろいろあった11月でした。半世紀ぶりの11月の初雪。それ以外何もなかったですよね!!
あとタイヤ交換しました。

それではまた。

おめでとう!

11月27日 瀬藤万里絵

昨日はフィギュアの羽生選手がグランプリシリーズNHK杯首位突破との嬉しいニュース!

我々などはついつい期待ばかりを気軽に押し付けてしまいがちですが、
そんななか自分の力を出していくというのは、どれだけ凄いことなのだろうと、
結果にかかわらず毎度そんな事を考えます。

結果も勿論ですが、何より羽生選手自身の感想に、悔しさと安堵の他、
楽しかった、という気持ちが語られていた事に、とても嬉しい気持ちになりました。

参加した全選手に拍手と、
改めて表彰台の選手に、おめでとうございます!

ライブハウスに

11月26日 土田麦菜

先日、久しぶりにライブへ行ってきました。
この時期は街の至る所がイベント感満載で楽しいですね。

今回見たのは結成20年の英ロックバンド、クーラシェイカー。

ブリティッシュポップムーブメントの終焉、解散などの紆余曲折を経て、
何故か本国よりここ日本で、現在も根強い人気を誇っています。
ロックとインド音楽を融合させた独特の世界観を持つサイケなバンドです。

10代のうちは、われ先にとモッシュピットに飛び込んだものですが、
今そんなことをしたら、次の日のお仕事に確実に支障をきたします。
運動不足により思う存分楽しめないのは歯がゆかったですが、
クーラシェイカーのパフォーマンスは素晴らしかったです。

終始エキゾチックなお香の香りが漂う、五感で楽しめるライブでございました。

201512251316320.jpg



クリスマスに

11月25日 須田涼子

早いもので、今年もあと1ヶ月とちょっと。
クリスマス、大晦日と過ぎるとあっというまに新年です。

ジェオグラフィカでは、綺麗なクリスマスツリーとリースを飾り、
店内は「天文学者のクリスマス」をテーマにディスプレイ中。
普段はお店に無い、天文アンティークも沢山あって新鮮で楽しいです。

ちょっとしたクリスマスプレゼントにぴったりのチョコレートもご用意しております!
こちらはイタリアの老舗チョコレートブランド「Caffarel」のチョコレート。
ねこが描かれた缶が可愛らしいです。

caf

中にはカファレルで一番人気のジャンドゥーヤや、ハート型のチョコなど7粒が、
アソートで入っております。

プレゼント包装も承っておりますので、お気軽にお申し付け下さいませ!

商品紹介!

素敵なグラスキャビネットが入荷しました!

グラスキャビネット

IMG_3551.jpg

大き目ですが、すんなり空間に馴染むような上品な佇まい。
直線的なデザインかと思いきやフロントが少し湾曲していたり、
脚先がカーブしているのも気が利いており、
全体に柔らかな印象を与えています。
細部まで美しいです。

IMG_3552.jpg IMG_3553.jpg

IMG_3554.jpg

下段扉のパネル内側までこんなに作り込まれており、
質の高さを感じさせます。

IMG_3555.jpg IMG_3556.jpg


もう1点、新入荷から幅が狭く背の高い家具の御紹介です。

カップボード

こちらも一見直線的なデザインかと思いきや
湾曲したフロントと、トップパーツや脚先のカーブだったりと、
全体の上品な空気感が際立つ一品。
実は中はブラックペイントです。

IMG_3564.jpg IMG_3567.jpg

このさりげないインレイがニクいですね。

IMG_3566.jpg

IMG_3574.jpg


同じようなシルエット、サイズで
ブックシェルフもございます。
使い勝手やお好みでお選びください!

スタンディングブックシェルブス

IMG_3569.jpg IMG_3570.jpg

IMG_3571.jpg

ケーキ

11月24日 前川結

先日、フランス菓子の老舗『オーボンヴュータン』へ行きました!
宝石のようなたくさんのケーキたち。
たくさん買って大勢で食べ比べしましたが
アイスケーキがお気に入りでした!

20161124o01.jpg

ジェオグラフィカのクリスマスディスプレイもスタートし
クリスマス気分が高まる今日この頃。
クリスマスのケーキはどのお店にしようか…

ケーキに目が行く休日。

港北ファクトリーセール最終日

11月23日 重本景子

今日は港北ファクトリーのセール最終日です!
アンティーク家具の山を探検してみると、
たくさんの発見があっておもしろいですよ!

横浜方面へいらっしゃる方はぜひこの機会にお立ち寄り下さい。

fkhsldIMG_3518.jpg

目黒のジェオグラフィカではクリスマスディスプレーが華やかです。
ひとつひとつの小物をじっくり見てみると・・・、
普段なかなか見かけない道具などがたくさんで
これもまたアンティークならではの面白さです。
このようなものをぎっしり詰め込んだ部屋で過ごしてみたいと思ったりもします。
蓄音機や砂時計、とても細かく美しい細工が目を引きます。

1123161IMG_7632.jpg 112316IMG_7634.jpg

倉庫セール



11月22日 萩谷優

港北ファクトリーでのセールのため、
週末はファクトリーに行っていました。

ファクトリーは若い男性スタッフが多く、
家具の移動などもやはり勢いがよく、早く終わります。

若くない男性スタッフもいるのですが、
普段から体を動かしているせいか動きが機敏です。

若くなく普段から体を動かしていない男性スタッフの僕は、
準備の段階で足腰が痛くなりもう大変です。

そんなこんなで皆頑張って素敵な家具をご紹介しますので、
明日のセール最終日、ぜひご来店ください。
プロフィール

GEOGRAPHICA

Author:GEOGRAPHICA
目黒通りのアンティークショップ・ジェオグラフィカの
スタッフによるBLOGです。

ジェオグラフィカ・ホームページはこちら
http://www.geographica.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク